医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

乳腺

乳腺外科医療相談外来

「乳腺外科医療相談外来」でできること

・乳がんなど乳腺疾患に関する相談

・乳腺診断と乳腺外科の医師による説明・相談・セカンドオピニオン

前日本医科大学 乳腺外科教授 元日本乳癌学会学術総会会長 芳賀 駿介 先生

前日本医科大学 乳腺外科教授
元日本乳癌学会学術総会会長
芳賀 駿介先生

  • 群馬大学医学部卒業
  • 東京女子医科大学外科教授 兼 東医療センター検査科部長
  • 日本医科大学 乳腺外科教授

芳賀医師からのコメント

乳がんは予防することが難しいため、早期に発見し治療することが生命・乳房・生活の質を守る上で大切です。一方、乳腺の病気には本当に乳がんであるかどうか診断することが難しいものが多くあり、本当の意味での乳がん治療の第一歩は「本当に乳がんなのか?」を正しく病理診断することにあります。
一般に乳がんの治療は手術、内分泌治療、抗がん剤治療、放射線治療などを組み合わせることによって行われますが、乳がんにはそれぞれいろいろな性格があり、その性格や進み具合にあった治療、すなわち個別化治療が行われるようになっています。乳がんの診断、治療を受けるにあたり、些細なことでも疑問な点がありましたら何でもご相談ください。

専門資格

日本外科学会認定外科専門医・指導医/日本乳癌学会認定乳腺専門医

領域

乳腺疾患、乳がん、乳腺症、乳腺繊維腺腫、乳腺嚢胞、乳管内乳頭腫、乳腺炎

業績

芳賀先生は乳がんを診療している乳腺外科医として、乳がんの診断および治療に対して積極的に新しい技術の導入や、沢山の患者さんの診断・治療を行ってきた乳がん治療の先生です。日本乳がん学会会長として「センチネルリンパ節生検」「人工乳房による乳房再建術の保険制度導入」など、乳がん治療の専門医師が少ないときから、先頭に立って乳がん治療の構築、乳がん専門医師の教育・指導など、乳がんの歴史と共に歩んできた乳がんを知り尽くした医師の一人です。

参考データ

・乳がんINFOナビ(女性を応援する乳がん情報サイト)

  http://www.nyugan-infonavi.jp/interview/dr_haga.html

日本における乳がんの診断および治療に対し
積極的に新しい技術を導入した乳癌治療の第一人者
「大事なことは、信頼できる乳がんに詳しい医師を見つけること」

医師写真1 30年前までは、わが国で1年間に女性に発症するがんで最も多かったのは胃がんでした。しかし、2012年には乳がんが胃がんを抜いて1位になっています。生涯に乳がんを患う日本人女性は、現在、12人に1人と言われています。また、乳がんで亡くなる女性は、2013年に13000人を超え、1980年と比べて約3倍にもなっています。我が国では非常にはやいスピードで乳がんになる女性が増えているのです。

医師写真2 治療法の基本は手術となります。ただし乳がんは抗がん剤や放射線療法が良く効くがんであり、がんの進み具合やその性格により、これらを組み合わせた「集学的治療」が行われます。治療の組み立て方には様々な方法がありますが、たとえば手術に関していうと、大きく2種類の手術方法があります。1つは乳房全体を切除する「乳房切除術」。もう1つはしこりを含めた乳房の一部分のみを切除して、乳房を残す「乳房温存療法」です。患者さんの多くは、乳房の温存を希望されますが、しこりの大きさ、場所により、乳房を切除しなければならないことも乳がんの約4割あります。
きちんとしこりを取りきれれば、乳房を全部取るから完治するとか、乳房を残すから再発しやすいということは全くありません。また、最近では乳がんの性格を調べ、手術前に抗がん剤などでしこりを小さくし、乳房を残す治療も広く行われています。また、乳房切除術をした患者さんには乳房再建という方法があります。その方法には自分の組織を用いる方法、人工物を用いるいわゆる人工乳房による方法があります。今は人工乳房による再建も保険適用になりましたが、人工乳房の形状・性状によりまだ保険で出来ないものもあります。乳がんの治療にあたり患者さんにはいろんな選択肢があること知っていただくことが大切です。私は乳がんの専門医師として、今までの経験値から沢山のお話ができると思います。例えば、乳がんと診断されて、『本当に私は乳がんなのか』と少しでも疑問に感じている方、あるいは不安で仕方が無い方など一人でお悩みになられる前に、この特別外来を受けることをお勧めします。診断を確かめるところからが本当の治療のスタートだと私は考えています。

※参考データ

・国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」
・厚生労働省人口動態統計[確定数]

「センチネルリンパ節生検」
「人工乳房による乳房再建術」などの
保険制度導入に貢献

医師写真3 センチネルリンパ節というのは、がん細胞が最初に到達する領域リンパ節のことで、「見張りリンパ節」とも言われています。なぜこのリンパ節が注目されているかというと、このリンパ節を手術中に調べて、がん細胞がそこまで到達していない、ということが分かると、それ以降のリンパ節を切除する必要がなくなるからです。以前は、乳がんの手術では脇の下のリンパ節(腋窩リンパ節)も一緒に全部取っていました。しかし実際は腋窩リンパ節の7割には転移がないにも関わらず取っていたのですね。腋窩リンパ節を切除してしまうと、リンパが滞り手がむくむことも少なくなく、また、手術後にリハビリテーションも必要になってきます。そういうことから、腋窩リンパ節まで転移していないのであれば、取る必要がないのです。センチネルリンパ節生検というのは、腋窩リンパ節を取らなくても良い患者さんを見つける方法として最も大切なものです。実際の方法としては、手術中に放射線同位元素や色素を乳輪の皮内に注射し青く染まった場合、放射性同位元素が取り込まれたリンパ節を探し出し、それを切除し、その場で顕微鏡診断をしてもらいます。そこで転移がないということになると、それ以降のリンパ節で転移している可能性はきわめて低いので、腋窩リンパ節を取らなくてすむのです。センチネルリンパ節生検は、患者さんにとっては非常に利益が大きいと思います。まず腋窩リンパ節が残ることでリハビリが必要なくなりますので、手術後2、3日で退院できるようになります。入院期間としては全体で5日間程度なので、医療費も安くすみます。また、腋窩リンパ節を切除する副作用としての上腕内側の知覚障害やリンパ浮腫も生じません。恩恵は大きいと思います。これが2011年4月に保険を通りましたので、今では全国で行われています。

セカンドオピニオンには、主に2通りあり、1つは診断が正しいかどうか、もう1つは治療法が適切かどうか、についてのセカンドピニオンです。私もセカンドオピニオン外来を行っていますが、相談で多いのは、医師から患者さんへの説明不足に関してです。たくさん選択肢があるにも関わらず、医者が方針を一方的に押し付けているケースがあります。また、患者さん自身が、ご自分が乳がんであることを受け入れられないケースで、セカンドオピニオンにいらっしゃる方もいます。そのような方には、ご自分が乳がんであることを、あわてないでゆっくり受け入れるようお話しし、納得できた時期に、納得できる医療機関で治療を受ける事をお勧めしています。患者さんも、ご自分の命ですので、遠慮なくセカンドオピニオンを受けられたら良いと思います。色々な医者の意見を聞く事は大事だと思います。乳がんは産婦人科の領域であるとお考えの方も多いようですが、乳がんは外科が担当です。これはお伝えする必要があると思います。

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング東京
東京都中央区日本橋3-1-17 日本橋ヒロセビル2F

担当医師

芳賀 駿介
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:上松瀬 勝男

経歴:
1965年 日本大学医学部卒業
1992年 日本大学医学部内科学講座教授
1998年 駿河台日本大学病院病院長
2004年 日本大学 客員教授を経て、現在に至る。
Page TOP