医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

血管内(血管腫・動脈瘤)

(頭頚部・脊髄)血管内治療
血管腫・脳動脈瘤医療相談外来

「血管内治療・血管腫・脳動脈瘤医療相談外来」でできること

・小児に多い顔面や頭部の血管奇形・血管腫などの血管疾患に関する相談

・カテーテルを用いた脳動脈瘤コイル塞栓術など各種の神経血管内治療に関する説明・相談・セカンドオピニオン

聖路加国際病院 神経血管内治療科部長・脳神経センター長 新見 康成 先生

聖路加国際病院
神経血管内治療科部長
脳神経センター長
新見 康成先生

  • 東京医科歯科大学医学部卒業
  • 東京医科歯科大学脳神経外科入局
  • ニューヨーク大学メディカルセンター
    放射線科レジデント
  • ベスイスラエルメディカルセンター
    血管内外科アテンディング
  • ルーズベルト病院血管内外科アテンディング
  • アルバートアインシュタイン大学
    臨床放射線科・臨床脳神経外科教授
  • 金沢大学脳神経外科客員教授
  • 聖路加国際病院
    神経血管内治療科部長・脳神経センター長

新見医師からのコメント

血管内治療は、正しい適応で新しい技術を用いた経験ある医師によって行われることが大切です。たとえば脳動脈瘤コイル塞栓術は、開頭手術が不要で体への負担が少なく、また顔面の血管奇形・血管腫に対しては、血管内治療を含めたいろいろな方法があります。それらを駆使して、最小限の侵襲(手術・医療処置)でより良い効果を上げることが望まれます。いずれの病気に対しても、ニューヨークでの治療経験を生かして、それぞれの患者さんに適した治療法をご説明します。

専門資格

医学博士/日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医/日本脳神経血管内治療学会認定脳血管内治療専門医/米国放射線学会専門医

領域

血管内治療

血管内コイル、脳動脈瘤、脳動静脈奇形(AVM)、血管腫、血管奇形、頚動脈狭窄、顔面の血管奇形、脊髄動静脈瘻、硬膜動静脈瘻、くも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍、動脈硬化性狭窄症、血管腫など脊髄の血管性の病気など

業績

脳血管奇形、顔面頸部の血管奇形、血管腫に対する血管内治療のエキスパート。脊髄の血管奇形や小児の血管奇形に対する治療、血管内治療の経験症例数は多数。インドでの血管内治療トレーニングコースの講師も行っている。

幅広い血管性の病気に
我々の知力を集結して対応します。

医師写真1 神経血管内治療科は、あまり聞き慣れない名称かもしれませんが、皮膚を切って患部を開くのではなく、カテーテルという細い管を血管に通して、血管の中から治療をするという、低侵襲の治療を行う診療科です。治療の対象となるのは、血管性の病気です。具体的には、脳動脈瘤や脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、脊髄動静脈瘻、脳腫瘍、頚動脈狭窄症など脳や脊髄の血管性の病気と、小児に多い顔面や頭部の血管奇形などです。このうち、脳動脈瘤や脳動静脈奇形などの出血を引き起こす病気に対しては病変部の血管を閉塞する治療を、頚動脈狭窄症などによる脳梗塞をはじめとした、血管閉塞による病気に対しては血管を広げる治療と2種類のアプローチを行なっています。新見先生は「日本脳神経血管内治療学会の学会員数は3000名近くいるものの、9割以上が脳神経外科医で、脳梗塞や血管狭窄、脳の動脈瘤など「脳血管」の限られた病気を対象としている人が多い現状です。一方、アメリカでは血管内治療が放射線科から始まっていますので、小児の脳や脊髄、顔面の血管奇形など含め、対象範囲が少し広いのです。その広い対象範囲の治療を私は行なっております」と語っておられます。新見先生はおよそ18年間アメリカで臨床経験を積んでおり、全米のみならず海外からも患者さんが来院する病院で、血管内治療に関してはこれまでに3000例ほど、そのうち顔面の血管奇形は700列ほどの経験を有しています。「顔面の血管奇形に対する血管内治療は、複雑な治療ではありませんが、薬剤の注入量が多すぎれば皮膚や粘膜は壊死し、外見が悪くなったり、出血したりする一方、量が少なければ効果が出ないので、”さじ加減”が大事です。血管内治療の経験症例数を多数積んでいることがやはり大切なのです」

各診療科の医師が一緒に診断から治療、フォローまで

医師写真2 顔面の血管奇形の治療であれば、血管の中から病変を閉塞させたり、奇形部分に直接針を刺して薬剤を注入させ硬化させる血管内治療の方法以外にも、手術で患部を取り切る、レーザーで表面を焼く、という方法もあります。医者の傾向として自分が行なっている治療が1番すぐれていると思いがち。ですから、本当はどの治療法が1番良いのか、あるいはいくつかの方法を組み合わせるべきなのか、各診療科の医師が集まって一緒に考えることで、1番良い結果を患者さんにもたらしたいのです。顔面の血管奇形であれば、形成外科、皮膚科、耳鼻科、口腔外科、さらに小児に多いため小児科が、脳脊髄の血管性疾患であれば脳神経外科、神経内科、それに加えて放射線科など、各科の専門家がチームを組んで取り組む事が大切です。聖路加国際病院はもともと診療科間の垣根が低い上、各科が高い専門性を持ち、血管性病変に対処出来る機能を持っていますので、集学的治療を行う体制をつくりやすいのではないかと思います。顔面の血管奇形など比較的稀な病気の場合、どの診療科にかかればいいのか分からず困っていた患者さんも多く、米国時代、複数の診療科をたらい回しにされたという患者さんが日本からいらした事もありました。私の経験値から沢山のアドバイスをさせていただき、皆さまのお役に立ちたいと思っております。
※聖路加国際病院広報紙”セント・ルークス”から改変転載

【血管内治療の主な適応疾患】
脳動脈瘤
頭頸部血管腫、血管奇形
SAH後血管攣縮
脳腫瘍(頭頸部腫瘍)
脳動静脈奇形
脊椎腫瘍
脊髄動静脈奇形
鼻出血
硬膜動静脈瘻
急性脳主幹動脈閉塞
頸動脈海綿静脈洞瘻
脳主幹動脈狭窄
  1. 【動脈瘤治療用コイルの例】

    図解

  2. 【ステントを用いた
    動脈瘤血管内コイル塞栓術】

    図解

  3. 【動脈瘤の治療法】

    図解

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング東京
東京都中央区日本橋3-1-17 日本橋ヒロセビル2F

担当医師

新見 康成
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:上松瀬 勝男

経歴:
1965年 日本大学医学部卒業
1992年 日本大学医学部内科学講座教授
1998年 駿河台日本大学病院病院長
2004年 日本大学 客員教授を経て、現在に至る。
Page TOP