医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

がん放射線治療

がん放射線治療・疼痛緩和医療相談外来

「がん放射線治療・疼痛緩和医療相談外来」でできること

・がん放射線治療(X線・陽子線治療・重粒子線治療など)・疼痛緩和に関する相談

・画像診断と放射線治療の医師による説明・治療相談・セカンドオピニオン・病院の紹介など

元がん研有明病院 副院長・放射線科部長 日本アイソトープ協会専務理事 山下 孝 先生

元がん研有明病院
副院長・放射線科部長
日本アイソトープ協会専務理事
山下 孝先生

  • 京都府立医科大学卒業
  • がん研究会附属病院 放射線治療科医長
  • 東京慈恵会医科大学客員教授
  • がん研有明病院 放射線部部長
  • がん研有明病院 副院長
  • がん研有明病院 顧問
  • 日本アイソトープ協会常務理事
  • 日本アイソトープ協会専務理事

山下医師からのコメント

がんの治療には外科、内科、放射線科の三つが考えられますが、日本では外科による治療が多く見うけられます。しかし、放射線治療が実績を上げるにつれ、日本の医療現場でも放射線治療を生かせる道が広がりつつあります。陽子線や炭素線を使った粒子線治療をはじめ、IMRT(強度変調放射線治療)やSBRT(体幹部定位放射線治療)などの放射線治療により、早期がんの方から、進行期、そしてがんが再発・転移された方に至るまで、治癒、あるいは治癒に準じたゴールを期待できる可能性が出て来ました。さまざまな悩みを抱えておられる方々に、がん治療の医療相談を提供します。状況に応じて、放射線治療を行う病院のご紹介も可能です。手術、放射線治療、抗がん剤治療など、これまで受けられた治療に関係なく、まずはご相談ください。

専門資格

日本医学放射線学会認定放射線科専門医/日本放射線腫瘍学会認定医/日本乳癌学会認定医

領域

がん放射線治療全般

胃がん、肺がん、乳がん、悪性リンパ腫、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、すい臓がん、前立腺がん、膀胱がん、口腔がん、脳腫瘍、子宮がん、 卵巣がん、精巣がん、胆管がん、甲状腺がん、腎盂尿管がん、転移性腫瘍、腎臓がん、肝臓がん、など

業績

がん治療をリードするがん研有明病院で副院長・放射線治療部部長として多くの症例に関わってきました。現在も、アイソトープ協会専務理事として、米国放射線腫瘍学会(ASTRO)など多数の学会に参加する一方、日本の放射線治療の発展を考え、現場にこだわって活躍しています。 山下先生は、全身のいろいろなところにできるすべてのがんを見ること、放射線治療医としてただ単にがんに放射線照射をするだけでなく、人間としての患者さんに接していく医師でありたいという信条を持っています。外科的治療ではなく、放射線治療を優先したい方に私の経験値から沢山のアドバイスをさせていただきたいと思います。

参考データ

・がん放射線治療.com

  http://houshasen-chiryou.com/dr-yamashita/

・山下孝先生  ご挨拶

  https://www.youtube.com/watch?v=nbuAJT_emJs

・がん放射線治療のメリット(山下孝先生)

  https://www.youtube.com/watch?v=qOB4hsupLJc

がん治療は、
「手術」「放射線治療」「抗がん剤」の中から選べる時代に
治療技術の進歩が注目される「放射線治療」の可能性

医師写真1 山下孝先生が放射線科を専門に選んだのは、全身にできるすべてのがんを診て、その診療にあたりたいと考えたからです。各臓器の専門医は自分の守備範囲以外のがんについてはよく知らない場合もあります。放射線腫瘍医は全身のがんを治療するので、それぞれのがんの特徴をよくわかっています。
これまでのがん治療は、「がん=手術」が基本でした。がんが発見されると、最初におこなう初期治療は手術が一般的でした。放射線や抗がん剤は、手術でがんを十分に取れなかったときの追加の治療、再発を防ぐための補助的な治療とされてきました。

しかし、これはもはや過去の話です。現在では、がんの初期治療は「手術」「放射線治療」「抗がん剤」の中から選べるようになってきています。

とくに放射線治療は、新しい放射線機器が開発され治療技術の進歩とあいまって、安全におこなえるようになり確実に治療効果をあげています。子宮頸がんや前立腺がんなどは、放射線治療を初期治療の第一選択とすべきケースが少なくありません。

にもかかわらず、日本のがん患者で放射線治療を受けた人の割合は25%にすぎません。対して、欧米ではがん患者の60~70%が放射線治療を受けています。放射線治療専門医(放射線腫瘍医)の数も、日本には約1000人しかいませんが、米国には4000人以上もいます。この治療格差の原因は、日本では外科医の力が強い病院もあり、また放射線治療の効果をよく知らない場合があること、患者さんひとりひとりに合わせた治療がおこなわれていないことにあります。

先進的なヨーロッパの国では、がんの初期治療を決定する際に、手術をおこなう外科医、放射線治療をおこなう放射線腫瘍医、抗がん剤治療をおこなう腫瘍内科医の3者が話し合って、その患者さんに最適な治療法を決めるチーム医療が常識になっています。

参考文献
※第3回がん対策推進協議会資料(2007年5月9日)
※地域がん登録全国推計(2006)及び日本放射線腫瘍学会2009年構造調査
※放射線腫瘍医になろう公益社団法人 日本放射線腫瘍学会資料

「がんになっても普通に暮らす」ための治療法は?

医師写真2 がんは最初の治療が一番重要で、初期治療は1回限りなので治療法を慎重に検討する必要があります。
手術は外科医がおこないますから、同じ外科医にセカンドオピニオンを求めることはあまり得策とは言えません。全身のがんを熟知している放射線腫瘍医のセカンドオピニオンであれば、新しい発見があるはずです。山下先生は患者さんの希望を最優先に考えて、すべての治療法の中から最適なものを提示します。患者さんががん治療に望むことは様々です。がんを完治させること、長生きすること、生活の質を保つこと、痛みをとること。
前立腺がんの患者さんを例にあげてみましょう。初期治療の手術で前立腺を全部摘出すると、がんの根治は期待できますが、術後は尿もれに苦しむ患者さんが少なくありません。座るだけで尿がもれ出て下着もズボンも濡れてしまったり、自由に外出できなくなる場合もあります。しかし、放射線治療であればがん組織だけに必要最小限の放射腺を的確に照射できるので、このような後遺症も抑えられます。
「がんになっても、普通の生活ができるように治す」のが医療のあるべき姿です。山下先生は今までの経験と幅広い人脈を駆使して、患者さんの希望にそった最善の治療法を提示いたします。

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング東京
東京都中央区日本橋3-1-17 日本橋ヒロセビル2F

担当医師

山下 孝
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:上松瀬 勝男

経歴:
1965年 日本大学医学部卒業
1992年 日本大学医学部内科学講座教授
1998年 駿河台日本大学病院病院長
2004年 日本大学 客員教授を経て、現在に至る。
Page TOP