医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

脊椎外科

脊椎外科医療相談外来

「脊椎外科医療相談外来」でできること

・手足のしびれや脱力、頚部痛、腰痛など頚椎・胸椎・腰椎疾患に関する相談

・画像診断と脊椎疾患治療の医師による説明・治療相談・セカンドオピニオン・病院の紹介など

東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授 白石 建先生

東京歯科大学市川総合病院
整形外科客員教授
白石 建先生

  • 慶応義塾大学医学部卒業
  • 東京歯科大学市川総合病院 整形外科脊椎・脊髄病センター長
  • 東京歯科大学市川総合病院 整形外科部長
  • 東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授
  • 東京歯科大学市川総合病院 整形外科客員教授
  • 河北総合病院 整形外科脊椎・脊髄病センター顧問

白石医師からのコメント

私の手術の特徴は、頸椎後方の筋群をできる限り温存した新しい脊椎低侵襲手術を開発し、これを頸椎疾患のみならず腰椎疾患にも応用していることです。このような手術により早期離床および社会復帰を目指しています。多数の脊椎手術を行った経験をもとに、お悩みの脊椎について診断して現状をご説明し、これからの治療方針などを明確にご提案させていただきます。

専門資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医/日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医/日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医

領域

脊椎

頚椎症性脊髄症、脊椎脊髄腫瘍、頚椎・胸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)および黄色靱帯骨化症(OYL)、頚椎・胸椎・腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰部椎間板症、頚椎症性神経根症、頚椎症、脊椎分離症、脊髄空洞症、脊柱先天性奇形、脊椎腫瘍、椎体骨折、胸髄腫瘍、脊柱変形、首下がり、馬尾腫瘍など

業績

首の筋肉を切らずに治す、後遺症が残らない頚椎手術を開発。特に、顕微鏡を使用した脊椎の低侵襲手術は、国内はもとより、アメリカ、ヨーロッパ、中国などでも注目されており、国内だけにとどまらず、海外においても手術や講演会で積極的にノウハウなど知識や技術を伝えています。また、2010年に日本・ベトナム脊椎外科研究会を設立し、ベトナムの若手脊椎外科医を日本に招いて臨床指導を続けています。さらに現地ベトナムでも臨床・教育・講演活動などを幅広く行っております。ベトナム脊椎外科の発展に寄与するこれらの活動が高く評価され、2014年4月にはベトナム・ホーチミン市から名誉市民賞が授与された。

参考データ

・人民日報海外版(首の筋肉を切らない手術で後遺症を残さない世界初の治療法を実現!)

  http://jp.jnocnews.jp/news/show.aspx?id=54506

・脊椎手術.com(第3回 低侵襲で行う脊椎手術)

  http://www.sekitsui.com/9specialist/sp003-html/

頚椎・腰椎疾患に対する、筋肉を温存する低侵襲
(ていしんしゅう)手術を実施
体への負担が少なく、早く回復できる治療を目指しています

手術法のなかでも、出血を最小限にすることや術後の早期退院を目指すものを「低侵襲(ていしんしゅう)手術」といいます。頚椎や腰椎に対する低侵襲手術は今までありませんでしたが、筋肉を傷つけない新しい方法を開発しました。

医師としての経験を重ね、技術が向上するにつれて、手術時間が短くなる、傷が小さくなるなど、患者さんへの負担が少ない治療を行えるようになりますが、それは人の体というものを畏れ敬う気持ちと、「前よりももっと良い手術で患者さんに臨みたい」という強い意志があってこそ。患者さんの体に必要以上にダメージを与えず治療をするために、考え、工夫することそして他の人の何倍もの努力をして自分のスキルを上げることはまた、新たな術法の開発につながります。

医師写真2 従来、脊椎の手術は、骨を支えている筋肉をすべて骨からはがして行っていました。そのために、手術後痛みに悩まされたり、筋肉が失われることで回復が遅れたりという問題が起こることもありました。このような問題を少しでも軽減するために考え出したのが、筋肉と筋肉の隙間をうまく利用することで骨から筋肉をはがさずに手術をおこなう方法です。この手術は顕微鏡下で高度な技術を必要としますが、筋肉が温存されるため、術後の早期離床、早期退院につながります。

「患者さんの負担を減らしたい」という強い意志で、
さらなる技術向上を目指す

医師写真3 脊椎は運動器ですから、首、背中、腰の骨のまわりの筋肉には、頭や体を動かし、姿勢を保つ上で必要不可欠な働きがあります。筋肉を温存する脊椎手術では、こうした運動の力源である筋肉を大事にし、姿勢や脊椎のカーブを損なわないことを目標としています。
この術法は、頚椎のほか腰椎の手術にも応用されており、頚椎症性脊髄症や腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、頚椎・胸椎・腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、脊椎脊髄腫瘍など、幅広い疾患に適用されています。
また、骨の一部を取り除いたことで背骨や首の骨が不安定になる場合があります。その際は患者さんの他の部分の骨から一部を移植して固定します。この手術においても筋肉を温存する方法を用い、同時に固定のための器具を安全に挿入できる新しい方法があります。このほか、圧迫された神経への圧力を取り除く「徐圧術」でも、切除範囲を小さくする方法があります。「患部は治療できる。筋肉さえ温存できれば患者さんは健康な生活を取り戻せる」その一念で研究を重ね、1999年に頚椎外科の歴史では初めて、隣り合った筋肉と筋肉の隙間を広げるだけで、筋肉自体を傷つけずに手術する画期的な低侵襲脊椎手術を開発しました。以来、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど各国で講演や技術指導を行い、一人でも多くの患者さんの苦痛を軽減できるよう努めてまいりました。
世界では「Shiraishi`s muscle-sparing technique」と呼ばれ、脊椎手術の新たなスタンダードとして広がりを見せています。

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング東京
東京都中央区日本橋3-1-17 日本橋ヒロセビル2F

担当医師

白石 建
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:上松瀬 勝男

経歴:
1965年 日本大学医学部卒業
1992年 日本大学医学部内科学講座教授
1998年 駿河台日本大学病院病院長
2004年 日本大学 客員教授を経て、現在に至る。
Page TOP