医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

顔面けいれん・三叉神経痛・脳腫瘍

顔面痙攣・三叉神経痛・脳腫瘍 医療相談外来

「顔面けいれん・三叉神経痛・脳腫瘍 医療相談外来」 でできること

・顔面けいれん・三叉神経痛・微小血管減圧術 良性腫瘍手術の特別外来

・最善の診療(診断・治療・セカンドオピニオン・病院の紹介)を提供

昭和大学医学部 脳神経外科准教授 清水 克悦 先生

昭和大学医学部 脳神経外科准教授 清水 克悦先生

  • 慶應義塾大学医学部卒業
  • 慶應義塾大学医学部 外科専修医(脳神経外科)
  • 独立行政法人国立病院機構埼玉病院 脳神経外科医長
  • 米国Wake Forest大学生理学教室留学(research associate)
  • 国家公務員共済組合連合会立川病院 脳神経外科部長
  • 昭和大学医学部 脳神経外科准教授

清水医師からのコメント

患者一人一人の訴えや苦しみ、症状を十分理解した上で、一人一人にあった理想の医療を提供できる真摯な姿勢を忘れてはならないと思います。また、手術前には十分なイメージトレーニングを行い、手術中はこれでいいのかと常に自分を疑い、手術前の症状を改善し、術後に新たな症状を出さないということを心がけて医療活動に当たって参りました。基礎基本を大切にし、アクロバットな名人芸よりも、安全確実に完遂できる技法を大切にしています。それが結果的に多くの患者のためになると言います。顔面けいれん・三叉神経痛・微小血管減圧術や良性腫瘍の手術治療などについて、今後の最適な治療方針をアドバイスさせていただきます。

資格

日本脳神経外科認定医 / 日本脳卒中学会 / 日本神経内視鏡学会技術認定医 / 頭蓋底外科学会 / 脳腫瘍の外科学会

領域

脳神経外科、顔面けいれん、三叉神経痛

良性腫瘍(髄膜腫、聴神経腫瘍、下垂体腺腫ほか) 、頭蓋底腫瘍、脳血管障害、虚血耐性

業績

主に良性腫瘍(髄膜腫、下垂体腺腫、聴神経腫瘍など)、 頭蓋底腫瘍の手術治療、並びに顔面けいれん・三叉神経痛の根治術である微小血管減圧術、鍵穴手術、頭蓋底手術手技を駆使した繊細な手術を得意としています。特に微小血管減圧術は小さな開頭(鍵穴)から多数の神経や血管が集まる脳幹部を扱う手術で、高度な技術を必要とします。手術方法については、患者さんの負担の少ない仰臥位(仰向けの状態)で行う方法で、論文としても発表し独特の方法として確立しました。この方法は仰臥位(仰向けの状態)という一番自然な体位で、さらに一般的に手術中に用いられる脳べラという脳をけん引する装置も用いないというより患者にやさしい手術です。こうすることによって聴力障害の合併症がおこりにくく、小脳のダメージが少ないぶん術後のめまい、嘔気・嘔吐などの症状が出にくくなります。手術翌日から、笑顔で食事ができるなど、患者さまにとっては術後の回復が早く楽になります。脳腫瘍(頭蓋底腫瘍)の治療においても同様の頭蓋底外科の技術を駆使して手術を行っております。

参考データ

・脳の病気ウェブ(清水克悦 医師)

  http://hpsl.net/doctor/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%85%8B%E6%82%A6-%E5%8C%BB%E5%B8%AB/

清水克悦先生の治療のモットーは、
「手術治療では新たな症状を出さない」こと

医師写真1 患者一人一人にあったテイラーメイドの治療を心がけ、聴神経腫瘍を含めた頭蓋底腫瘍の治療では、手術+ガンマナイフ・サイバーナイフといった総合的な治療を行なってきた。また、耳鼻科・眼科・形成外科などと協力が必要な頭蓋底腫瘍の経験も豊富である。下垂体腫瘍では、小さいものに関しては内視鏡手術で摘出するが、海綿静脈洞や頭蓋内へ進展した腫瘍に関しては頭蓋底手術手技を用いた顕微鏡手術を組み合わせた治療が最善と考える。
微小血管減圧術に関しては、2011年に前施設で、平均追跡期間13.5年という長期の患者に対して満足度アンケート調査を施行した。有効回答総数154で、治癒率は顔面けいれんが86%、三叉神経痛82%であった。満足度では約70%以上の患者が、同病院の手術治療に対して10年以上たった時点でも100%の満足度をもっているという結果を得た。さらに80%以上の満足度を感じている割合は顔面けいれんでは87%、三叉神経痛では82%であった。これらの結果は過去の主要な文献的報告と比較しても同等以上の結果である。

◆手術に際して心がけている点
1.術前に自信がつくまで周到なイメージトレーニングをしておく。
2.術中、これで大丈夫と満足している自分を常に疑う。
3.術前の症状を改善し、術後あらたな症状を出さない。

◆診療中に心がけている点
1.まず患者さんの訴えを全て聞き安心していただく。
2.真摯な態度で患者さんに接し、最良の治療法を患者さんとともに探す。

顔面けいれん(片側顔面痙攣)・三叉神経痛、脳腫瘍で
お困りの方はご相談下さい。

医師写真2 顔面けいれん(片側顔面痙攣)の典型的な症状は片側の瞼のぴくつきからはじまり、頬のこわばり、口角のひきつれなどを併発するようになります。更に進行すると瞼が閉じたままになり、顔の片側がくしゃくしゃになってしまいます。これらの動きは自分の意志とは全く無関係におこり、ストレスや緊張などで誘発されることが多いようです。一般の方にはこの病名は、ほとんど知られておらず、医療従事者のなかでも、まだまだ認知度が低く、病院を受診しても、診断すらつけて貰えずお困りの方も少なくないようです。
原因はほとんどの場合、頭蓋内で顔面神経(顔の筋肉を動かす神経)が脳から顔面筋に至る経路の中で脳からの出口、いわゆるroot exit zone(REZ)付近で血管に圧迫刺激され、常に興奮状態になっていることです。治療としては、ボトックスという毒素を直接顔に注射し、筋肉を麻痺させる方法もありますが、薬の効果が切れれば症状は再現します。内服薬も現時点では有効なものはないため根本的に治療するには、手術で原因となっている圧迫血管のループの形を変えて移動させ、REZ付近での圧迫を解除する必要があります。
この手術は微小血管減圧術(通称Jannettaの手術)とよばれており、耳の後ろの頭蓋骨にコインの大きさ程度の穴をあけ、顕微鏡を使って行う手術です。いわゆるKey hole surgery(鍵穴手術)といわれ、小さな開頭(鍵穴)から多数の神経や血管が集まる脳幹部を扱うデリケートな手術で、高度な技術と熟練を必要とします。

三叉神経痛の特徴は顔や歯茎の激しい痛みです。喋ったり、ものを噛むと下あごから頬に激痛が走る。あるいは冷たい風にあたったり顔をさわると、おでこ、目の周り、口のまわりなどに限局して激しい痛みが走るなどが挙げられます。虫歯の痛みと区別が難しいので歯科を受診されて、三叉神経痛とわかることも多いようです。当大学では歯学部とも連携し治療にあたっております。
さまざまな原因がありますが、顔面けいれん同様に三叉神経(顔の感覚を伝える神経)が、やはり脳からの出口で血管に圧迫されて起こります。三叉神経痛にはテグレトールという特効薬がありますが、強い薬なので、ふらつき、眠気などの副作用が強く、長期間使用していると効き目が弱くなり内服量がどんどん増えてしまう傾向にあります。根治にはやはり微小血管減圧術(Jannettaの手術)が必要となります。また注意すべきことに三叉神経痛の患者さんの10人に1人に脳腫瘍が見つかるという報告もあります。したがって頭蓋底腫瘍に対する手術治療の経験も豊富です。

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング渋谷
東京都渋谷区渋谷3-29-17 ホテルメッツ渋谷2F

担当医師

清水 克悦
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:上松瀬 勝男

経歴:
1965年 日本大学医学部卒業
1992年 日本大学医学部内科学講座教授
1998年 駿河台日本大学病院病院長
2004年 日本大学 客員教授を経て、現在に至る。
Page TOP