医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

形成外科・美容外科

形成外科・美容外科医療相談外来

「形成外科・美容外科医療相談外来」でできること

・美容外科手術の説明、手術後のトラブル、顔面・手足の先天異常、がん切除後の変形など形成外科全般に関する相談

・画像診断と形成外科疾患治療の医師による説明・治療相談・セカンドオピニオン・病院の紹介など

杏林大学病院 形成外科教授 多久嶋 亮彦 先生

杏林大学病院 形成外科教授 多久嶋 亮彦先生

  • 熊本大学医学部卒業
  • 熊本大学附属病院皮膚科研修医
  • 東京大学医学部附属病院形成外科医員
  • 焼津市立総合病院形成外科医長
  • 東京大学医学部附属病院形成外科助手
  • 東京大学博士号(医学)
  • 杏林大学医学部形成外科助教授
  • 杏林大学医学部形成外科臨床教授
  • 杏林大学医学部形成外科教授

多久嶋医師からのコメント

形成外科・美容外科が取り扱う疾患は顔面など人の目につく部位が多いため、治療を受ける前は説明を受けた治療を受けるべきかどうかで悩み、また、治療を受けた後はその結果に悩む、といったことが多々あります。私の所属する杏林大学形成外科では全国からお越しの患者さんの手術を年間数多く行っております。患者さんが悩んでおられる治療方針や、美容外科手術を受けた後の悩みなどに対して、私の目から見たアドバイスをさせていただきます。

専門資格

日本形成外科学会認定形成外科専門医

領域

形成外科医はひどい傷跡や先天的な異常、また美容外科術後のトラブル、ガンで体の一部を取った場合の修復、皮膚のできものをきれいに取る、顔の骨折修復など、体表面の変形を正常に近づけるのが再建外科の仕事になります。外見の異常で苦しむ患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)を高めるお手伝いをさせていただきます。また、これらの技術を用いることで、もともと正常であっても自身が気に入らない部分を治療する、いわゆる美容外科領域も行っています。

1)美容外科領域

美容外科手術の詳細、手術後のトラブルの相談、美容診療(鼻、眼瞼の修正など)など

2)先天異常

口唇裂・口蓋裂(口唇・鼻変形)、耳介変形、多指・合指症、眼瞼下垂症、副耳 など

3)外傷、熱傷後
熱傷(やけど)、熱傷後の瘢痕、ケロイド、瘢痕拘縮(傷のひきつれ)、顔面外傷(顔面軟部組織損傷・顔面骨骨折・傷跡・ケロイド)など
4)顔面神経麻痺

顔面神経麻痺の後遺症に対する治療 など

5)がん切除後の再建

乳ガン、頭頚部癌などの腫瘍切除後の機能障害、変形に対する相談 など

6)その他

皮膚潰瘍(糖尿病性潰瘍など)、眼の形成外科(眼瞼下垂、眼瞼腫瘍、さかさまつげ)

陥入爪(巻き爪)など足や爪の変形、多汗症、腋臭症、漏斗胸・鳩胸 など

業績

血管柄付き遊離組織移植術の研究者である東京大学形成外科・波利井清紀教授のもとで顕微鏡下血管・神経縫合術を学び、東京大学、そして現在所属する杏林大学で多くの手術を行っています。その技術を生かした顔面神経麻痺に対する遊離筋肉移植術では、日本全国から患者さんが治療を受けに来られています。これまでにイタリア、台湾でライブサージェリー(手術を学会場などに中継すること)を行っており、海外でのライブサージェリー経験もございます。
美容外科手術も経験があり、大学など多くの施設で顔面を中心とした美容外科手術を行っています。

参考データ

・杏林大学病院ホームページ(当院のドクター紹介:多久嶋 亮彦先生)

http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/doctor/doctor_detail-53.html

患者さんが求めていることをこちらから具体的に説明すること
そして私が提供できる医療を説明することを心がけています

医師写真1一般的に手術というのは安定した結果を得るため、手術方式はほぼ一定しており、個々の患者さんによって手術方法が変わるということはあまりありません。しかし、美容外科・形成外科は顔面を中心とした外表を取り扱う診療科ですから、患者さんの顔貌・体型によって手術方法も変わってきます。また、変えるべきものです。定型的なものがない、ここにわたしは外科医としての魅力を感じたため、形成外科を選択しました。
ですから、診療の上で私が心がけていることは、まず、患者さんが求めているものは何かを推察し、それに対してこちらから提供できる手術は何かを考えることです。短い診察時間では患者さんが希望することをいいにくい場合が多く、またそれをうまく表現しにくいということもあるようです。患者さんが求めていることをこちらから時間をかけ、具体的に説明すること、そして私が提供できる医療を説明することにしています。これを私は診療の柱のひとつとして考えています。

再建手術による顕微鏡下での血管吻合による遊離組織移植術
美容外科手術に伴う合併症でお困りの方に対する治療を
親身に対応

医師写真2 頭頸部がん(とうけいぶがん)とは、首から上の部分に生じたがんのことを言いますが、舌、口腔、咽頭、鼻などの粘膜で覆われた領域や、頭皮、顔面皮膚などの外表部分、そして頭蓋骨、顔面骨(上・下顎骨など)などの骨組織に生じます。これらの部位に生じたがんに対して外科的切除を行った場合、整容的にはもちろん、食べること、飲み込むことなど機能にも大きな障害を来す可能性があります。これらの整容的・機能的欠失をできるだけ抑制するために行う手術を再建手術と言いますが、再建手術を行う際にとても重要な手術方法は顕微鏡下での血管吻合による遊離組織移植術です。再建手術はがん切除と同時に行うことが多く、私も沢山の遊離組織移植術による再建手術を行ってきました。また、再建手術を受けなかった、あるいは受けたけれども思ったほどの結果が得られていない、という患者さんも多くおられ、そのような方に対する治療も多く手がけてきました。
近年、頭頸部がんに対して機能を温存するために手術治療ではなく、放射線治療を選択する患者さんも増加しつつあります。しかし、放射線治療によって顔面の皮膚が死に、穴があいて鼻の奥につながった、あるいは放射線によって下顎骨が壊死となり、骨髄炎を生じて皮膚から膿が出てくる、といった合併症を生じることもあります。折角、手術治療を避けて来たのに、と術後の結果に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。最近はこのような合併症で来院される患者さんが増えてきています。

美容外科手術に伴う合併症は社会問題として捉えられつつあります。期待していた結果が得られていない、説明を受けていない合併症が生じている、などで悩んでいる患者さんは、潜在的にはかなり多いのではないかと思います。これらのトラブルも患者さんのお話を良く聞いていると、どこに担当した医師との齟齬があったのか、大体見当がついてきます。そしてそれらの問題解決に向けて、少しでも力を貸していけたらと思っています。

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング東京
東京都中央区日本橋3-1-17 日本橋ヒロセビル2F

担当医師

多久嶋 亮彦
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:上松瀬 勝男

経歴:
1965年 日本大学医学部卒業
1992年 日本大学医学部内科学講座教授
1998年 駿河台日本大学病院病院長
2004年 日本大学 客員教授を経て、現在に至る。
Page TOP