医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

がん放射線治療・緩和ケア

がん放射線治療・
緩和ケア診療医療相談外来

「がん放射線治療・緩和ケア診療医療相談外来」でできること

・がん放射線治療(X線・陽子線治療・重粒子線治療など)・緩和ケアに関する相談

・画像診断と放射線治療の医師による説明・治療相談・セカンドオピニオン・病院の紹介など

東京大学医学部附属病院 放射線科准教授 緩和ケア診療部長 中川 恵一 先生

東京大学医学部附属病院
放射線科准教授 緩和ケア診療部長
中川 恵一先生

  • 私立暁星小・中・高校卒業
  • 東京大学医学部医学科卒業
  • 東京大学医学部放射線医学教室入局
  • スイスPaul Sherrer Institute客員研究員
  • 社会保険中央総合病院放射線科
  • 東京大学医学部附属病院放射線科准教授
  • 東京大学医学部附属病院緩和ケア診療部長(兼任)

中川医師からのコメント

現代医学において、はっきりと効果が証明されているがんの治療は、手術、放射線治療、化学療法だけで、これ以外の治療法については、十分な効果が立証されていません。私はがんの医療全般について、標準的な治療の成績などをもとに、治療の方向性に迷っている患者さんと家族に対して、総合的なアドバイスを行います。特に、放射線治療の適応や治療効果については、専門治療家の観点から詳細な説明を行います。がん治療の選択では慎重かつ正しい十分な情報が必要です。東京大学病院 放射線科治療・緩和ケア診療部長として現場での臨床経験から少しでも皆様のお役に立ちたいと思っております。

専門資格

放射線治療専門医/第一種放射線取扱主任者

領域

がん放射線治療全般・緩和ケア診療
胃がん、肺がん、乳がん、悪性リンパ腫、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、すい臓がん、前立腺がん、膀胱がん、口腔がん、脳腫瘍、子宮がん、卵巣がん、精巣がん、胆管がん、甲状腺がん、腎盂尿管がん、転移性腫瘍、腎臓がん、肝臓がん、など

業績

中川先生は、CT画像を利用して、がん病巣にだけ放射線を集中する「ピンポイント照射」を提唱するなど、高精度放射線治療医として有名です。また、治癒が難しくなった患者さんをサポートする緩和ケアの推進にも力を入れてこられました。同時に、がん予防や早期発見の重要性を唱え、患者/一般向けの啓蒙活動、全国の小中高校へ「がん教育」の出前授業を続け、その意識改革から患者を減らす活動をしていらっしゃいます。さらに、厚生労働省の「がん対策推進協議会」委員、「がんに関する普及啓発懇談会」座長、「緩和ケア推進検討会」構成員、「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、 日本放射線腫瘍学会理事などの要職も務められ、がん治療の医師として東京大学病院のがん放射線治療・緩和ケア部長として最前線でご活躍されています。

著書紹介
がんのひみつ 出版社:朝日出版社
がんの練習帳 出版社:新潮社
死を忘れた日本人 出版社:朝日出版社
ビジュアル版 がんの教科書 出版社:三省堂
切らずに治すがん治療―最新の「放射線治療」がわかる本 出版社:法研
命と向き合う--老いと日本人とがんの壁 出版社:小学館
自分を生ききる―日本のがん医療と死生観 出版社:小学館
放射線医が語る被ばくと発がんの真実 出版社:小学館
放射線医が語る福島で起こっている本当のこと 出版社:ベスト新書

参考データ

・FM TOKYO「未来授業」2014/02/10~2014/02/13より

  https://www.blwisdom.com/linkbusiness/linktime/future/item/9474/9474.html?limitstart=0

放射線治療とは、手術・抗がん剤治療と並ぶ、
悪性腫瘍の治療法です

医師写真1米国で放射線治療を受けている患者さんはわが国より多いといわれています。日本のがんの代表が胃がんであったことが、「がん治療=手術」という図式の 背景にあるのでしょう。しかし、がん治療の選択を取り巻く状況は随分変わってきました。
生活習慣の欧米化によって、胃がんや子宮頸がんなどの「感染症型」のがんが 減り、肺がん・乳がん・大腸がん・前立腺がんなど「西洋型」のがんが増加しています。こうしたがんは、手術で腫瘍を取り出すだけでは十分でなく、放射線治療の役割が大きいのです。告知する傾向が広まり、患者さんに嘘をついて放射線をかける必要もなくなりました。さらに、近年の医療現場で、科学的に治療方法を評価する"Evidence-based Medicine(EBM)"が広まった点も、放射線治療が正しく位置づけられつつある理由です。こうした背景から、放射線治療の患者数は急増しています。将来は、 がん患者の多くが放射線治療を受けるようになるかもしれません。放射線治療の特徴はがんを切らずに治し、臓器の機能や美容を保つことを目指せる点にあります。例えば、喉頭がんは、手術か放射線治療のどちらかを選ぶ場合、放射線治療が選択されます。手術をすれば、声を失うことになるからです。乳がんは、かつて、乳房とその下の筋肉を根こそぎ切り取る手術方法が 主流でした。しかし、今は、わずかに腫瘍の周辺をえぐって、乳房全体に放射線をかける、乳房温存療法が主流となっています。直腸がんが肛門の近くにできると人工肛門となることがありますが、手術の前に放射線をかけることで、そのリスクを減らすことが期待できます。

自分からセカンドオピニオンを求めることが大切

医師写真2 がんは、一般的に思われている以上に複雑な病気です。体じゅう、がんのできない場所はありません。そのうえ、例えば同じ肝臓がんでも発生の仕方から進行の仕方、症状、それにともなった治療方法まで、同じ病気かと思うほど違いがあります。しかし、共通していることもあります。まず「初動が大事」ということです。がんという大きな病気の分かれ目は、「転移しているか、いないか」です。早期発見はやはり、がん闘病における、たいへん大きなポイントです。完治を目指す場合、基本は「転移していない」がんが対象です。その場合、見つかったがんのかたまりを取り除くことは絶対欠かせない治療であり、そのための手段は今のところ手術(外科療法)か放射線治療しかありません。「がんの三大療法」のうち、体内に散らばったがんの細胞を叩くことのできる抗がん剤治療は、「全身療法」として大きなメリットはありますが、現時点ではまだがんを完治させることはできないと考えられています。
ですから、がんの治療を受けるうえでたいへん大事なのは、治療法の選択のために手術と放射線治療の両方について、正確な情報を集めることだと思います。今の日本は世界でも珍しいほどの手術偏重です。まずがんと診断されれば通常では、手術をすすめられるのは間違いありません。もし、手術と放射線治療の両方の可能性を平等に示してくれる医師がいたら、その医師は非常に良心的な方だと思いますが、今の日本ではごく少数だろうと思います。
では、どうしたらいいでしょうか。なかなかいいにくいかもしれませんが、「放射線腫瘍医にセカンドオピニオンをもらいたいのですが」と主治医に、申し出ていただきたいのです。ご本人が言いにくいようでしたら、ご家族が同行し、代わりにおっしゃるといいのかもしれません。勇気を振り絞ってそうお願いしても、医師はさまざまな理由を挙げ、手術の方が優れていると説明することが多いのではないかと思います。しかし、そこで負けてはいけません。「それでも、どうしてもご意見だけうかがいたいのです」と、さらに言ってみてほしいのです。主たる治療法が2つしかないのなら、その2つをじっくり比較して選びたいと思うのは当然の事であり、患者さんの権利でもあります。もしも「そんなことをいうなら、ここでは診てあげません。どこでも好きなところへ行ってください」などという医師がいたら、〈そんな医師にかからなくてよかった!〉と考えればいいのです。そして放射線腫瘍医、腫瘍内科医など、がん治療を専門とする放射線科医や内科医を必ず受診してください。
放射線腫瘍医や腫瘍内科医のほとんどいない県もありますが、近隣の県にわざわざ出かけて行くのは、とてもたいへんなことだろうと思います。しかし、その結果、重大な後遺症を負うという危険を避けられたり、傷も痛みもなく、がんを完治させることができるのなら、決して損はないと思います。これ以上会社が休みにくいなど、患者さんにはさまざまな事情があることと思いますが、どうか放射線腫瘍医や腫瘍内科医を受診していただきたいと思います。

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング東京
東京都中央区日本橋3-1-17 日本橋ヒロセビル2F

担当医師

中川 恵一
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:上松瀬 勝男

経歴:
1965年 日本大学医学部卒業
1992年 日本大学医学部内科学講座教授
1998年 駿河台日本大学病院病院長
2004年 日本大学 客員教授を経て、現在に至る。
Page TOP