医師を直接選んで会って話せる医療相談外来

循環器・心臓血管外科

循環器・心臓血管外科医療相談外来

「循環器・心臓血管外科医療相談外来」 でできること

・狭心症や心筋梗塞、弁膜症、心筋症、不整脈など心臓血管外科・循環器全般に関する相談

・画像診断と心臓疾患治療の医師による説明・治療相談・セカンドオピニオン・病院の紹介など

SUMA HEART CLINIC 院長 須磨 久善 先生

SUMA HEART CLINIC 院長 須磨 久善先生

  • 大阪医科大学卒業
  • 三井記念病院 心臓血管外科部長
  • ローマカトリック大学 心臓外科客員教授
  • 湘南鎌倉総合病院院長
  • 葉山ハートセンター院長
  • (財)心臓血管研究所スーパーバイザー
  • SUMA HEART CLINIC 院長

須磨医師からのコメント

心臓外科医として30年余りの間、国内外の病院に勤務して多数の心臓手術を行った経験を生かし、お悩みになっておられる心臓病の診断、治療方針、特別外来を提供いたします。入院治療が必要であれば最適の病院、医師をご紹介いたします。狭心症や心筋梗塞、弁膜症、心筋症、不整脈など心臓に関してお悩みの方のお力になれればと思います。

専門資格

日本心臓血管外科学会認定心臓血管外科専門医/日本外科学会認定外科専門医/日本胸部外科学会指導医/厚生省認定外国医師臨床修練指導医

領域

心臓および血管疾患

狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、不整脈、大動脈瘤、大動脈解離、心不全、不整脈、心臓腫瘍など

業績

海外・国内での学会発表多数。心臓手術症例を多数経験し、1986年に胃大網動脈グラフトを使用した冠動脈バイパス手術を開発、評価を得る。1996年、拡張型心筋症に対してバチスタ手術を施行。以後独自に考案したSAVE(セイブ)手術を用いて左心室形成術を多数行う。海外でも多数の公開手術を行い、テレビドラマや映画の監修を行うほか、海堂 尊の原作をもとに作られた、自身をモデルにしたドラマも放映された。2010年、日本心臓病学会栄誉賞受賞。

参考データ

・人材バンクネット(魂の仕事人 第27回須磨久善氏インタビュー)

  http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/tm/104

・Doctors File(須磨久善院長 vol.5862)

  http://doctorsfile.jp/h/170802/df/1/?page=1

常識を打ち破り、狭心症や心筋梗塞に対する
バイパス手術で、これまでにない新手法を開発

医師写真1 出会った人を助けられる自分でありたい、今の技術で助けられない人がいるなら、もっといい医療を目指したい。常識にとらわれず、強い思いで技術の壁を打ち破り、心臓外科に新しい可能性を切り開いてきた須磨先生。先生が初めて世界から注目されるきっかけとなったのは、心臓のバイパス手術でした。心臓外科で治療される病気の多くは、心臓に血液を送る血管、冠動脈が詰まってしまう「狭心症」や「心筋梗塞」などの虚血性心疾患です。薬物療法や他の手術方法では治療が難しい場合に、からだの他の部分の血管を心臓に移植し、詰まった血管に代わる血液の通り道を作る「冠動脈バイパス手術」が行われることがあります。このバイパスに使われる血管には、冠動脈に似た太さと十分な長さがあり、取り外してもからだに影響のないものが適しています。従来は足の静脈が使われていましたが、1980年代ごろから、静脈は10年経たずに傷んでしまうため、動脈を使った方が手術後の経過が良いことがわかってきました。

医師写真2 当時、胸の動脈(内胸動脈)を使う方法が考案され注目を集めましたが、内胸動脈は本数が少なく、手法も難しいため、他にも使える動脈を探すことが求められていました。そこで、胃の動脈(胃大網動脈)を使った新手法を開発したのが、須磨先生です。胸部を開ける手術において、腹部の血管を使うという誰も思いの及ばなかった点に着目し、オリジナルな手法で成功事例を発表した先生に世界中の注目が集まりました。心臓外科医になる前に一般外科医として消化器手術の経験もしていた須磨先生ならではの発想です。その後、世界30か国に求められ多くの手術を実施、手技を広め、胃大網動脈を使ったバイパス手術は心臓外科の可能性を大きく広げることとなりました。先生が開発した術式が、今では海外の教科書にも掲載されるスタンダードな治療法となっています。

一人でも多くの幸せのために、
誰も挑まなかった道に挑戦し続ける先駆者

医師写真3 「拡張型心筋症」は、心筋(心臓の筋肉)が薄く伸びてしまい、全身に血液を送るポンプの役割を果たす左心室の働き(収縮する力)が悪くなる難病で、原因は不明といわれます。外科的な治療法としては心臓移植がありますが、移植は受けられる人が限られてしまうのが現状です。そこに、ブラジルのランダス・バチスタ医師が考案した「バチスタ手術」が登場、肥大した心筋の一部を切除し縮めると回復する場合があることに注目が集まり、1990年代に話題になりました。
当時、ローマで客員教授を務めていた須磨先生は、移植手術ができない日本(現在は移植可能です)でこの技術を生かしたいと帰国、先生の手術に希望を託したいという拡張型心筋症の患者さんのために、日本で初めてバチスタ手術を実施しました。その後先生は、心臓の障害のある部分と機能している部分を見分けて良い部分を残す改良型を開発、心臓の中を仕切る中隔という部分が悪い場合は特殊な合成繊維で間仕切りを入れる「中隔前壁心室除外術(SAVE手術)」という方法も考案し、成功率を高める工夫を重ねています。

クリエイティブ・マインド(発想する心)を大切にし、不可能といわれた治療も可能にすべく常に挑戦し続ける須磨先生を信頼して、「神の手」の手術を受けた患者さんは5000人以上。一人でも多くの命を救い、幸せにしたいという先生の思いが、心臓病治療を新たなステージへと進化させています。

ご予約・お問い合わせ

医療機関

メディカルスキャニング銀座
東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座 2F

担当医師

須磨 久善
※この医療相談外来は、医師を直接選んで、会ってじっくり話せる外来です。

お問い合わせ

※メールや電話での医療相談、ご回答は行っておりませんのでご注意下さい

ご案内

1)紹介状・画像が無ければ当院で撮影を行い外来をご案内致します。
2)医療相談外来の利点は、現場でご活躍中の先生と直接じっくりお話しが出来る事です。
3)担当医師はこの外来の為にお越しになります。できるだけキャンセルはお避け下さい。
4)医療相談費用は健康保険は適用外です。MRI・CTの画像検査についてはお問い合わせください。
5)必要に応じて相談医の病院や、お薦めする病院へご紹介いたします。
6)外来の日程は、先生と患者さんの都合を合わせご案内させて頂きます。

責任者

理事長:阿部 公彦

経歴:
1966年 東京医科大学卒業
1991年 東京医科大学放射線医学教室教授
2005年 東京医科大学大学病院院長
2006年 学校法人東京医科大学常務理事
2006年 東京医科大学健康保険組合理事長
2007年 東京医科大学名誉教授を経て、現在に至る。
Page TOP