病院検索・病気事典・処方薬・サプリメント・医療健康の総合情報サイト
  前のページへ戻る このページを印刷する

ヒダントールE配合錠

けいれんを予防・改善するお薬です。

主成分名:

フェニトイン・フェノバルビタール配合剤(2)錠

製薬会社:

藤永

薬価:

5.70円 (1錠)


 主な作用

脳の神経の興奮を抑えて、けいれんなどの発作を予防・改善するお薬です。

 副作用

薬物肝代謝酵素を活性化し、薬剤の代謝を促します。ボリコナゾール(ブイフェンドなど)、タダラフィル(アドシルカ)、アスナプレビル(スンベプラなど)、ダクラタスビル塩酸塩(ダクルインザなど)、マシテンタン(オプスミット)、エルバスビル(エレルサ)、グラゾプレビル(グラジナ)、チカグレロル(ブリリンタ)、アルテメテル・ルメファントリン(リアメット)の代謝を促し作用を減弱するため、併用できません。薬剤の吸収を阻害したり排泄を促進したりするため、薬剤の作用を減弱します。ソホスブビル(ソバルディなど)の作用を減弱するため、併用できません。本剤の効き目が弱くなるおそれがありますのでセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品は避けてください。

 服用上の注意

眠気などが起こることがあります。長く服用している人が急にやめると不眠、けいれんなどの症状が現れることがありますので、指示通りに服用して下さい。発疹などの皮膚の異常や視力の異常に気づいた時はご連絡下さい。
藤永 ヒダントールE配合錠本体写真
ヒダントールE配合錠 本体写真
藤永 ヒダントールE配合錠 包装写真
ヒダントールE配合錠 包装写真
  前のページへ戻る このページを印刷する
  主成分がヒダントールE配合錠と同じ「フェニトイン・フェノバルビタール配合剤(2)錠」の薬を探す。
※「写真付/服薬指導CD-ROM」(発行:八王子薬剤センター、発売:じほう)の処方薬情報(注射薬を除く)を掲載しております。このページに掲載してある「主な作用」「副作用」「服用上の注意」は主成分について解説してあります。医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談下さい。