医師の書く処方せんにしたがって病院や医院、調剤薬局から出される内服薬、外用薬についてそれぞれの形と注意点をまとめました。
内服薬 錠剤 | カプセル | 顆粒剤 | シロップ剤
外用薬 軟膏剤 | ローション | 点眼剤 | 点耳剤 | 点鼻剤 | 吸入剤 | 坐剤 | 貼付剤 | うがい薬 | トローチ剤 | 浣腸剤

 
錠剤
錠剤 保管、携行、服用に便利な薬です。小さな子供では喉につかえるので適しません。成型したままの裸錠とコーティングしたものがあり、コーティング錠は、飲みやすくしたり、腸で溶けるように工夫したものなので、かみ砕かずに飲みましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
カプセル
カプセル 薬の不快な臭いや味をかくしたり、体内の必要な部位で溶けるように、ゼラチンの容器に薬をいれたもので、錠剤と同じ工夫を施したものです。カプセルのゼラチンが食道の粘膜に付着することがあるので、充分の水で服用しましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
顆粒剤
顆粒剤 小さな粒状で、散剤のように苦味を覚えたり、口のなかにくっついたりしないよう工夫されたものです。散剤の改良型と考えてよいでしょう。風などで飛散しやすく、湿気にも強くないので、散剤と同じように保管には気をつけましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
シロップ剤
シロップ剤 主に小児用に、薬に甘味や香りをつけた液剤です。咳止めには成人用もあります。錠剤、カプセル剤に比べ吸収が早いという長所があります。細菌等に汚染されやすいので気をつけましょう。冷蔵庫での保管が必要です。
 
ページの先頭へ

 
軟膏剤
軟膏剤 ワセリンや脂肪油に薬を練り合わせたもので、クリームやゼリーも軟膏剤に含まれます。皮膚用だけでなく、口の中や眼の結膜に用いるものもあり、区別して使って下さい。患部を清潔にしてから塗ることが大切です。指定以上の回数を塗ってもむしろ害があるだけです。
 
ページの先頭へ
 
 
ローション
ローション 外用の液剤で、頭部などの軟膏剤の使いにくい部位に用います。使用の前によく振って液の中の薬を均一にしてから使いましょう。アルコールを含んでいるものが多いので、傷口が大きく広がっている場合には用いないようにしましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
点眼剤
点眼剤 目尻の下まぶたを下に引き、目尻に1滴さします。複数の点眼剤を用いる場合には、5分以上間隔をあけて下さい。点眼剤は無菌製剤なので、容器の先をまぶたにつけないよう気をつけましょう。家族での共用はいけません。
 
ページの先頭へ
 
 
点耳剤
点耳剤 殺菌や消炎の目的で耳に滴下する薬です。点耳する前に耳のなかの分泌物は取り除いておきます。冷たいまま点耳するとめまいを起こすことがあるので、手などで体温近くまで温めてから用います。冷蔵庫に保管しましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
点鼻剤
点鼻剤 鼻炎やアレルギーなどの薬を、鼻の中に落とし込んだり吹き込んだりします。血管収縮剤の点鼻薬は使いすぎると充血を起こしたりするので、回数は守りましょう。共用しない、冷蔵庫での保管など、扱いは点眼薬、点耳薬と同じです。
 
ページの先頭へ
 
 
吸入剤
吸入剤 薬を鼻や口に噴霧し、気管支や鼻粘膜から吸収させるものです。生理食塩水などに溶かしたものを噴霧する場合と、散剤をそのまま噴霧する場合があり、器具・使い方も違うので、医師等から説明を受けて正確に用いましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
貼付剤
貼付剤 貼り薬、湿布剤、パップ剤などと呼ばれるものです。ねんざ、腰痛など外用として局所に効かせるものと、狭心症、虚血性心疾患の発作予防など吸収させて効かせるものがあります。長時間の貼りっぱなしはかぶれやすいので、位置をずらして貼りましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
うがい薬
うがい薬 散剤、顆粒剤、液剤などいろいろの形態をしており、水に溶かし、薄めてうがいをします。風邪の時の喉の殺菌消毒や歯科治療後の口の中の消毒に使われます。1日4〜5回外出から帰宅したら行いましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
トローチ剤
トローチ剤 しゃぶる大きな錠剤のようなものです。口のなかで少しずつ溶けて、喉の炎症部位に作用します。飲み込んだり、かみ砕かず、なるべく長時間しゃぶるようにしましょう。
 
ページの先頭へ
 
 
浣腸剤
浣腸剤 便秘のひどい時に肛門から注入するものです。浣腸したら10分ぐらいは排便をがまんします。小児は浣腸に頼りやすくなるので気をつけましょう。浣腸剤の使用は妊娠中の婦人では流産の危険があるので、注意して下さい。
 
ページの先頭へ
 お薬事典トップへもどる
利用上の注意
  「お薬事典」は株式会社じほうから提供を受け、当社が掲載している情報です。内容については、正確かつ最新の情報を保つよう努力しておりますが、正確性や妥当性について万全の保証をするものではありません。薬の服用にあたっては、必ず処方する医師の指示にしたがってください。  
薬の飲み方・使い方
  飲むタイミング、保管方法などよくある疑問にQ&A方式でお答えします。  
低容量ピルをきちんと知る 現代女性の味方もっと知りたいOCのこと
ジェネリック医薬品って?
医師の書く処方せんにしたがって病院や医院、調剤薬局から出される内服薬、外用薬についてそれぞれの形と注意点をまとめました