ジェネリック医薬品を使いこなそう!
ジェネリックはどうやって処方してもらうの?〜処方のポイント〜
2008.08.07更新  
処方せんの「署名欄」を見てみよう
ジェネリック医薬品の処方に際しては、処方せんがポイントとなります。
図1:処方せんの見本
<図1:処方せんの見本>
処方せんを見てみると、右下に「後発医薬品への変更不可」と医師が署名する欄が設けてあります。
<図1:処方せんの見本>の赤丸部分のように署名がない限り、薬局で処方せんに記載されている薬をジェネリック医薬品に変更してよいことになります。
また、署名があれば、ジェネリックには変更できないことを意味します。
図2:処方せんの見本
<図2:処方せんの見本 >
また、<図2:処方せんの見本 >のように署名欄に署名がなくても、処方せんに書かれている医薬品名の横に「不可」と書いてある場合もあります。
その場合は、ジェネリックに変更できないという意味です。
「不可」と書いてある医薬品以外は、ジェネリックに変更できます。
なお、医師の診療上の判断により、必ずしもジェネリック医薬品が使えるわけではありません。疾病や薬によってはごくわずかな量で効いたり、副作用が出やすいため調節が必要なものもあります。また、病状が不安定な場合は、避けることもあるようです。詳しくは医師に相談してください。
薬局に在庫がない!? 供給側の課題も
同様に薬局でも、希望するジェネリック医薬品に必ずしも変更できるとは限りません。それは、薬局では、1成分につき全種類のジェネリック医薬品を在庫として抱える場所や、費用などの問題があるからです。だいたい、多くても1成分につき2種類ぐらいでしょう。また、ジェネリック医薬品メーカーによっては、緊急時に対応するような供給体制が整っておらず、入手に時間がかかったり、少量のみの購入が困難な場合もあります。その他、必要な規格がない場合もあります。
たとえば、50mgの錠剤が欲しいのに、100mgの錠剤しかないということもあります。
ジェネリックに変更したい場合は…
特に患者が希望しなくても、ジェネリック医薬品への変更が行われる場合がある一方で、患者が希望しないとジェネリック医薬品が処方されないこともあります。ジェネリックに変更したい場合は、医師に希望を伝えてください。医師の判断により疾病の状況をふまえて、患者に合ったジェネリック医薬品があるかなどの検討の後、変更ができるかどうかがわかります。

なお、2008年4月から、1枚の処方せんで、お試しで数日間ジェネリックを使うことができるようになりました(「後発医薬品に変更できる」という処方せんに限ります)。 ジェネリック医薬品にしたいという人は、薬局に相談して少しずつ試してから始めるのもいいですね。
お役立ちリンクと資料
 かんじゃさんの薬箱
今飲んでいる薬にジェネリックがあるかどうか、またどのようなジェネリックがあるかわかります。

 日本ジェネリック製薬協会
先発医薬品等と効能・効果等に違いがある後発医薬品リストなど、ジェネリックにまつわる情報が載っています。

構成・文/三上 彰貴子

これからジェネリック普及が見込まれる!?
なんでジェネリックは安いの?
ジェネリックと先発品、効果の違いってどうなの?
ジェネリックはどうやって処方してもらうの?〜処方のポイント〜
 お薬事典トップへもどる
お薬コラム
薬の形と特徴
  内服薬、外用薬それぞれの形と注意点をまとめました。  
薬の飲み方・使い方
  飲むタイミング、保管方法などよくある疑問にQ&A方式でお答えします。  
利用上の注意
  「お薬事典」は株式会社じほうから提供を受け、当社が掲載している情報です。内容については、正確かつ最新の情報を保つよう努力しておりますが、正確性や妥当性について万全の保証をするものではありません。薬の服用にあたっては、必ず処方する医師の指示にしたがってください。  
低容量ピルをきちんと知る 現代女性の味方もっと知りたいOCのこと
ジェネリック医薬品の処方に際しては、処方せんがポイントとなります。