医療費Q&A

その他

国保に加入しているのですが、出産をしたらいくらか費用が返ってくると聞きました。どのくらいもらえますか?
出産は病気ではないので、健康保険の適用はありませんが、市役所や区役所などで手続きをすると出産育児一時金が支給されます(妊娠持続期間が妊娠85日(妊娠4カ月)以上経っていれば、流産、早産、生産、死産の区別はなく支給されます)。支給額は一子につき、2006年9月までは30万円でしたが、2006年10月から35万円に上がりました。
また、2009年1月から分娩に関連して発症した重度の脳性麻痺の赤ちゃんとその家族の経済的負担を補償し、原因分析と再発防止を目的とした、産科医療補償制度が始まりました。産科医療補償制度とは、制度に加入する分娩機関が掛け金を支払い、補償の対象となる脳性麻痺が生じた場合、保険会社から分娩機関に保険金が支払われるというものです。掛け金の3万円(1児あたり)は分娩機関が支払いますが、その負担に伴って分娩費用の上昇が見込まれることから、出産育児一時金は、3万円加算された38万円に引き上げられました。ただし
  1. 平成21年1月1日以降に産科医療補償制度に加入している分娩機関で出産
  2. 在胎週数22週に達した日以降の制度対象分娩の出産(死産も含む)
  3. 領収書に加入分娩機関による所定のスタンプが押印されている
以上の条件を満たしていない場合は3万円の加算はされず、出産育児一時金は35万円になります。また、2009年10月〜2011年3月末までの暫定措置で、42万円に引き上げが予定されています。出産育児一時金の申請期限は出産日の翌日から2年間ですので、早めに申請しましょう。
「医療費Q&A」トップへもどる
 
病院探しのコツ
医療費Q&A
国保に加入しているのですが、出産をしたらいくらか費用が返ってくると聞きました。どのくらいもらえますか?