医療費Q&A

医学管理料

「生活習慣病管理料」が必要と言われました。それって何ですか?
脂質異常症(高脂血症)、高血圧症、糖尿病を主病とする患者さんの治療には、生活習慣に関する総合的な指導や治療管理が重要です。そこで設定されたのが「生活習慣病管理料」で、これも医学管理料のひとつです。
200床未満の病院または診療所で脂質異常症、高血圧症、糖尿病を主病とする外来患者さんに対し、服薬、運動、休養、栄養、喫煙、飲酒などの生活習慣に関する療養計画書を作成し、患者さんの同意・署名を受けます。この療養計画書を4カ月に一度患者さんに交付した場合に月1回必要となる費用が生活習慣病管理料です。この中には医学管理等、検査、投薬、注射にかかる費用がすべて含まれます。

生活習慣病管理料(月1回算定)
  脂質異常症 高血圧症 糖尿病
院外処方箋を交付 650点 700点 800点
上記以外 1175点 1035点 1280点
※1点10円。健康保険の適用があります(通常3割負担)
中等度以上の2型糖尿病の場合、血糖自己測定値に基づく指導があった場合は年に1回500点が必要です
「医療費Q&A」トップへもどる
 
病院探しのコツ
医療費Q&A
「生活習慣病管理料」が必要と言われました。それって何ですか?