公的保険だけで大丈夫?

万が一、自分や家族が病気やケガになったら、生活の保障は、大丈夫でしょうか? 入院や治療代は、長期になるほど、生活に大きな負担となります。また公的保険ではカバーしきれない医療サービスもたくさんあります。 そこで実際に、皆さんが病気やケガになった時のために準備しておきたいのが、医療保険や特約付きの生命保険です。高齢化社会を迎え、医療制度改革もどんどん進んでいる現在、公的保険が以前のように確固たるサービスを提供できなくなりつつある中、私たちの生活を自分たち自身で守る方法について、さまざまなデータを紹介しながら、考えていきましょう。
病気やケガの際に不安はつきもの

自分自身で病気やケガに備える方法って?

生命保険の医療関係特約のいろいろ

医療保険の特徴と内容

特定の病気に備える保険

保険金や入院給付金の請求方法

【参考】生命保険会社一覧
 病気やケガの際に不安はつきもの
ケガや病気に対する不安の内容

生命保険文化センターの平成16年の調査によると、ケガや病気に対して不安を感じている人は、87.3%で、上のグラフは、具体的な不安の内容について調べたものです。その中で最も多かったのが「長期の入院で医療費がかさむ」(60.2%)で、ほかにも「公的医療保険があてにならない」(34.0%)、「治療の長期化で収入が途絶える」(28.7%)、「保険対象外の高度先進医療の費用がかかる」(28.6%)、「保険対象外の差額ベッド代がかかる」(24.7%)など、お金に対する不安が多く見られました。
ページの先頭へ
 自分自身で病気やケガに備える方法って?
入院費用をまかなう手段それでは実際に、入院費用をまかなう手段として考えているのは何でしょうか? まず第一に「公的保険」(74.9%)、次いで「生命保険」(65.3%)、「預貯金」(51.3%)という結果で、公共サービスや貯金をあてにするよりも、自分で万が一の時の準備を整えるために、生命保険を重要視しているようです。このように、いざという時の頼もしいサポート役として多くの消費者から支持されている生命保険ですが、では実際に、病気になった時や入院した時に、どんな保障をしてくれるのでしょうか?
ページの先頭へ
 生命保険の医療関係の特約のいろいろ
生命保険の主な医療特約生命保険にも、医療費に備える保障が付けられるのを知っていますか?  このしくみが「特約」と呼ばれるもの。生命保険には万一の死亡の時に備える「主契約」と、それ以外の主に病気やケガの時の保障サービスについて付加した「特約」があります。「特約」は病気や災害によって入院したり、手術を受けた場合の給付金を保証するものや、契約者の被保険者の配偶者や子供の給付金保障も対象となるものがあります。
ページの先頭へ
 医療保険の特徴と内容
「特約」と「医療保険」の違い生命保険で「特約」を付ける以外に、医療保障を主契約と考える「医療保険」があります。各社の医療保険に共通しているのは「入院給付」「手術給付」「死亡給付」があること。また自分の希望に合わせて、保険期間を5年、10年、一生涯なからど選べたり、入院支払限度日数をある程度自由に選択することができます。
ページの先頭へ
 特定の病気に備える保険
特定疾病保障保険/各社のガン保険にほぼ共通している給付の内容がんや心筋梗塞、脳卒中など、死亡原因として高いリスクのある病気に備える保険が、特定疾病保障保険です。保険金は、死亡時ではなく、特定の病気と診断された時点で支払われるしくみになっており、入院費や治療費が必要になった時にサポートする工夫がされています。がん保険などには、「診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」「死亡保険金」「高度障害保険金」などがんになった時などのさまざまな給付システムが設定されています。
ページの先頭へ
 保険金や入院給付金の請求方法
保険金や給付金の請求に必要な書類保険金や入院給付金の請求は、入院や、その医療行為が終了した時点で行うのが原則です。また、退院直後の体調の悪い時に無理をしなくても、支払事由発生日から3年以内であれば、請求することができますので、焦らずあきらめずに、必要書類などは大切にとっておきましょう。また、入院給付金と、通院給付金はそれぞれ別の書類を作成する必要があったり、住民票などをそれぞれに添付しなければなりませんから、あらかじめ、自分が加入している保険会社の保険サービス内容を確認しておきましょう。
ページの先頭へ
 【参考】生命保険会社一覧
生命保険会社にはそれぞれ独自の工夫を凝らしたサービスがありますから、自分と家族のライフスタイルに合ったプランで、事故や病気に備えたいものです。いろいろな相談を受けながら、納得できるプランを選びましょう。

資料提供・取材協力:生命保険文化センター
生命保険や医療保険についてもっと詳しい情報が満載のホームページをご利用下さい。 
  アイエヌジー生命保険株式会社
  あいおい生命保険株式会社
  アクサグループライフ生命保険株式会社(アクサ生命保険株式会社へ業務委託)
  アクサ生命保険株式会社
  朝日生命保険相互会社
  アメリカンファミリー生命保険会社
  アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー(アリコジャパン)
  AIGエジソン生命保険株式会社
  エイアイジー・スター生命保険株式会社
  オリックス生命保険株式会社
  共栄火災しんらい生命保険株式会社
  クレディ・スイス生命保険株式会社
  ジブラルタ生命保険株式会社
  住友生命保険相互会社
  ソニー生命保険株式会社
  損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社
  損保ジャパンひまわり生命保険株式会社
  第一生命保険相互会社
  大同生命保険株式会社
  太陽生命保険株式会社
  チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド(チューリッヒ生命)
  T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
  東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  東京海上日動フィナンシャル生命保険株式会社
  日本興亜生命保険株式会社
  日本生命保険相互会社
  ハートフォード生命保険株式会社
  ピーシーエー生命保険株式会社
  富国生命保険相互会社
  富士生命保険株式会社
  プルデンシャル生命保険株式会社
  マスミューチュアル生命保険株式会社
  マニュライフ生命保険株式会社
  三井住友海上きらめき生命保険株式会社
  三井住友海上メットライフ生命保険株式会社
  三井生命保険株式会社
  明治安田生命保険相互会社
  大和生命保険株式会社
  (社)生命保険協会
「医療費のめやす」トップへもどる
 
病院探しのコツ
公的保険だけで大丈夫?
 

少子高齢化が進んで行く中で、公的保険だけではこの先ちょっと不安が…という人に。「転ばぬ先の杖」になってくれる民間会社の医療保険について、知っておくと安心です。