医療費控除で医療費を取り戻せるってホント?

1年間の家族の医療費が合計して10万円(総所得が200万以下の場合は、総所得の5%)を超えた年は、確定申告をすると払った税金が還付金として戻ってきます。ただしこの優遇措置を受けるには、必ず申告をしなければなりませんから、申告の際に必要な書類や医療機関から受け取った領収書、入院や通院の際にかかった経費の領収書などは大切に保管しておきましょう。また、医療費控除の対象になるものと、ならないものがあるので注意しましょう。医療費控除は、10万円を超えた医療費が全て戻ってくるのではないのでご注意を!
●医療費控除額の計算方法
1年間に支払った医療費
−10万円(または合計所得額の5%のいずれか低い方)
−生命保険から支払われた入院給付金など
=医療費控除額(最高で200万円)
医療費控除の対象となる人

医療費控除に必要な書類

医療費控除と認められるもの

医療費控除と認められないもの
 医療費控除の対象となる人
確定申告をする本人と同居または別居で、家計を一にしている人。仕送りで生計を立てている子供なども対象になる。逆に、同居していても給与所得があり、経済的に独立していれば、対象になりません。
ページの先頭へ
 医療費控除に必要な書類
必要書類は、
  1. 「源泉徴収票」の原本(コピーは不可)
  2. 医療費の領収書(コピーは不可)
  3. 医療費控除の対象となるものの領収書
  4. 対象となるもので領収書を発行できない分は「医療費控除の内訳書」に記載
  5. 医療費を補填する目的の生命保険の入院給付や医療保険の給付金の額がわかる書類
  6. 医療費控除の内訳書(税務署や国税庁のホームページでも入手可能)
  7. 還付金を振り込む銀行等の口座番号(申告者本人が口座名義人のものに限る)
  8. 印鑑(認印でも可)
  9. 所得税の確定申告用紙
ページの先頭へ
 医療費控除と認められるもの
基本的に、病気の治療や療養目的で医師がそれを認めたものが対象となるようです。
  • 医師や歯科医師による診療・治療費
  • 治療のためのマッサージ、はり、きゅう費用
  • 体の異常が見つかり、治療を受けることになった場合の、人間ドックや健康診断の費用
  • 医師が治療上必要と判断した近視矯正手術、メガネ、コンタクトレンズ代
  • 除去手術が必要と医師が認めたホクロ除去手術
  • 医師が治療目的で必要だと判断して作成した診断書代
  • 医師による判断で治療行為として行う不妊治療
  • 虫歯の治療費、金歯、義歯、入れ歯の費用
  • 歯槽膿漏、親知らずの抜歯
  • 治療目的の歯列矯正
  • 妊娠中の定期検診、出産費用、通院の交通費
  • 医師の処方せんで購入した医薬品
  • 病気の治療のため、病院には行かずに薬局で購入したかぜ薬、頭痛薬、湿布などの医薬品
  • 通院、入院のための交通費
  • 電車やバスでは移動が困難なために乗ったタクシー代
  • 子供が熱を出して病院に行った時のタクシー代
  • ヘリコプターでないと移動が困難な場所でのヘリコプター代
  • 病院の付添い人の費用
  • 母体保護法に基づく妊娠中絶費用
  • 流産した場合の手術費、入院費、通院費
  • 助産師による分娩の介助料
  • 寝たきり老人の紙オムツ代(医師の証明書が必要)
  • 医師が認め、証明書があるクアハウスの利用料金
  • 骨折などによる歩行器使用料
  • 医師が認めた人工透析、心臓ペースメーカー、糖尿病患者の注射器などの器具の費用
  • 難病治療のための海外や遠隔地での医療費と渡航費
  • 入院中に必要で買った生活用品や医療器具
  • 入院中病院から出される食事代
  • 使いきっていない一般薬
  • 在宅療養の費用
ページの先頭へ
 医療費控除と認められないもの
美容や若返りなど、健康と直接関わりのない医療行為や医療サービスは、対象となりにくいようです。
  • 医師や歯科医師への謝礼金
  • 治療目的ではないエステ代、マッサージ代
  • 体の異常がない時の定期検診や人間ドック費用
  • 治療上必要でない近視矯正手術、メガネ、コンタクトレンズ代、メガネを買うための眼科医での検査料
  • 美容目的のためのホクロ除去手術
  • 勤務先や保険会社に提出するための診断書代
  • 医師の判断がない不妊治療
  • 一般的な材料ではなく特殊な素材での入れ歯の費用など
  • 歯石除去、ホワイトニング
  • 美容目的の歯列矯正
  • マタニティ服、腹帯、赤ちゃんの衣類、産婦人科主催の母親学級など
  • 子供がぜんそくのために引っ越す際の費用
  • 里帰り出産のための交通費
  • 通院のためのマイカーのガソリン代
  • 電動ベッド、マットレスなど
  • かつら
  • 心臓発作による歩行器使用料
  • 車椅子、血圧計、万歩計、加湿器など
  • 難病治療のための海外や遠隔地での宿泊費、その他経費
  • サプリメント代
  • 自分で希望した場合の入院中の差額ベッド代
  • 疲労回復や健康維持のためのドリンク剤、漢方薬
  • 入院中に買ったお弁当代など
ページの先頭へ
「医療費のめやす」トップへもどる
 
病院探しのコツ
医療費控除で医療費を取り戻せるってホント?
 

1年間の家族全員の医療費が10万円を超えたら、確定申告すると、お金が戻ってくるのを知っていましたか?「今年は医療費をいっぱい使ったな・・・」という人は、今すぐチェックを!※総所得等が200万円以下の場合は、総所得等の5%を超えているかがめやすです。