生命保険を知る いざという時のために、賢く備えよう!

生命保険の基礎知識

医療保険:「定期」と「終身」、どちらを選べばよいの?

例えば、途切れない安心なら終身医療保険、貯蓄が少ないなら定期医療保険

医療保険の保険期間とは、保険が満了するまでの期間のことです。医療保険には、大きくわけて定期タイプと終身タイプ2つが存在します。
定期タイプとは、保険の保障期間をある一定期間に限定した保険契約です。契約の終了に伴い更新する必要が出てきます。一方で終身タイプは、一生涯にわたって保険期間が途切れない保険契約のことをいいます。

終身タイプ

保険料 契約時の年齢で保険料が決まり、保険料は一定
メリット 保険が途切れることはない
デメリット 保険料を一生涯払う必要がある(一定の年齢で払込完了となる商品もあります)

定期タイプ

保険料 更新するたびに保険料は変更され、上がっていく
メリット 必要に応じ契約することができる
デメリット 更新が必要。年齢に制限がある(70歳まで、など)
途切れない安心がほしいのなら終身医療保険、現時点で貯蓄が少なく、長期入院という事態になったら不安ということであれば定期医療保険、という選び方も一つですし、10年を区切りに人生設計を考え直すという方なら定期を選ぶのも一つです。
それぞれにメリット/デメリットがあります。まずは、保険を考えるにあたって基準とする時間軸をどう置くか考えた上で、保険料などもあわせて検討する必要があります。
医療保険の比較ポイント
「入院給付金日額」「支払限度日数」
 「生命保険を知る」トップへもどる
病院探しのコツ
生命保険の基礎知識

定期保険と収支保険とは?メリット、デメリットについてご説明します。