生命保険を知る いざという時のために、賢く備えよう!

生命保険の基礎知識

実は、損ではない「掛け捨て型の生命保険」

「掛け捨て型の生命保険は損」は大きな誤解です

「掛け捨て型は損」とよく言われますが、実際は、掛け捨て型は積み立て型より損でも得でもありません。
  • 自分で貯蓄・運用をやるか
  • 生命保険会社に手数料を払って貯蓄・運用をしてもらうか
が違うだけです。

積み立て型の生命保険は、「保障」+「貯蓄」の組み合わせ

ほとんどの生命保険商品は「保障」と「貯蓄」の組み合わせです。
例えば、医療保険で「無事故ボーナス」がついているものは、最初からその支払いに充当される積み立て保険料が組み込まれているのです。
積み立て型の生命保険は、「保障」+「貯蓄」の組み合わせ

生命保険会社の手数料が、いくらか知っていますか?

自分で貯蓄・運用を行なうのが苦手な人にとっては、毎月引落とされる保険料のうち一部が貯蓄に回り、後に引き出すことができたら便利だ、と思う人もいるかもしれません。
その場合は、生命保険会社がどの程度の手数料を取っているか、銀行などの貯蓄商品と比べて有利かどうかを確認してから決めるべきです。

保険会社から戻ってくるのは、あなたが積み立てたお金

大切なことは、生命保険で返ってくるお金は、宝くじにあたったような場合とは全く異なります。あくまでも、自分が手数料を支払って積み立てたお金だという認識をきちんと持つことが大切です。
【監修】ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口治明
生命保険の必要性
医療保険とは
 「生命保険を知る」トップへもどる
病院探しのコツ
生命保険の基礎知識

掛け捨て型の生命保険って