生命保険を知る いざという時のために、賢く備えよう!

生命保険の基礎知識

意外と少ない「医療費の自己負担」

最高の医療保険は、わが国の健康保険

医療保険や死亡保険に加入する前にぜひ知っておきたいのは、充実しているわが国の健康保険制度。民間保険会社が提供するどの医療保険よりも、充実した保障の健康保険に私たちは加入しています。
この制度によって、実際にかかった医療費の3割を自己負担することで、医療サービスが受けられます。 ただし、現在の制度を前提としたものであり、今後の財政状況などの動向により、保障制度は変更になることがあるので、注意が必要です。

自分で負担する医療費は8万円以上払わなくてもいい?

しかも、3割の自己負担部分については、「高額療養費制度」というものがあります。
入院・手術によって1ヵ月の医療費が高額になっても、一定額以上は自己負担しなくてもよいのです。上限額は所得水準によりますが、一般所得者であれば約8万100円です。

高額療養費(70歳未満)

所得区分 自己負担上限額(1ヶ月) 4回目以降(※4)
上位所得者(※1) 15万円 + (医療費 - 50万円) × 1% 8万3,400円
一般(※2) 8万100円 + (医療費 - 26万7,000円) × 1% 4万4,400円
低所得者(※3) 3万5,400円 2万4,600円
※1: 国民健康保険加入者は基礎控除後の総所得金額が600万円以上、健康保険加入者は標準報酬月額53万円以上
※2: 上位所得者、低所得者以外の人
※3: 住民税非課税世帯や生活保護世帯など
※4: 過去12ヵ月間に4回以上高額療養に該当した場合に適用される限度額

健康保険で払われない費用のために、民間医療保険が必要

ほとんどの病気やケガは、高額療養費制度によって手厚く保障されています。
しかし、以下の費用については健康保険の適用がなく、別途準備する必要があります。
  • 一部の高度先進医療
  • 入院中の食事代
  • 個室に入院した場合の個室料(「差額ベッド代」)

平均入院日数は全体で35.7日、がんで24.6日、一般の病気では19.8日

思わぬ病気やケガによる入院は、誰しも心配です。しかし、平均の入院日数は、35.7日。精神病床など、長期入院が予想されるものを除いた一般病床の平均入院日数は19.8日。がんでは、24.6日です。また、近年は入院日数の減少が続いています(厚生労働省 病院報告、患者調査(2005年))。

意外と低い差額ベッドの利用率

また、自己負担費用の中で大きな割合を占めるのが、差額ベッド代。1日1万円以上かかるとよく言われますが、ある調査によると差額ベッドの利用は全体で4.1%、がんでも7〜8%だったそうです。
漠然とした「不安」をもとに医療保険に加入するのではなく、入院や手術後の費用がどのくらいになるのか、きちんと理解した上で、医療保険を選ぶようにしたいものです。
【監修】ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口治明
保険料のしくみ
生命保険の必要性
 「生命保険を知る」トップへもどる
病院探しのコツ
生命保険の基礎知識

医療費の自己負担、意外と少ないって知っていましたか?