生命保険を知る いざという時のために、賢く備えよう!

いくら必要?あなたの保険金

家族が増えて喜びも責任も倍増! 良さん(28歳)の場合

「結婚、第一子誕生と続き、家族のためにも頑張るぞ! と思っています。安心のためにもしっかり保険も押さえておきたいのですが…」
ズバリ!

良さん(28歳)に、いま必要な保障額は…???

医療保険 日額1万円もしくは1万5000円
入院1日あたりの自己負担費用は、平均で2万円を超えるといわれています。実際には高額療養費制度による払い戻しがありますが、この平均額に含まれていない、パジャマ等の衣類やテレビカード等の雑費、親族の交通費やお見舞いに来てくれた方への快気祝い費用等などを考慮すると、およそ日額1万円の医療保障が必要になるでしょう。
また、世帯主の場合は、長期入院等で仕事に就けなくなったときのことを考え、日額1万5000円程度で加入してもよいと思います。
死亡保険 6000万円程度
※終身保障500万円(葬儀費用分)含む
力君が0歳なので、良さんが万が一の時に遺さなければならない資金として、生活費、教育費、住居費が考えられます。さらに良さん自身の葬儀費用も必要です。
妻である優ちゃんが65歳になるまでの保障があれば十分ですが、力君が30歳くらいになれば不要とも考えられます。住居については、万が一のときに中古マンションを約2500万円で購入することを考慮して算出しています。これらに終身保障として葬儀費用相当額を足したものから、遺族年金と貯金を引いた額を死亡保障として考えたらいいでしょう。
<試算表>
・生活費 約 7000 万円 (※1)
・教育費 約 1600 万円 (※2)
・住居費 約 2500 万円  
・葬儀費用 約 500 万円  
計 11600 万円  
・遺族年金 約 5000 万円 (※3)
・貯金 約 300 万円  
計 5300 万円  
11600 − 5300 + 700 = 合計 6300 万円
(※1) 生活費 約7000万円の内訳
1カ月20万円×0.8(良さん不在分2割を引きます)×12カ月×23年(力君が大学を卒業するまでの年数)=4416万円
1カ月20万円×0.6(良さん不在分と力君の独立による不在分4割を引きます)×12カ月×17年(力君の大学卒業後から優ちゃんが年金を受給するまでの年数)=2448万円
合計6864万円
(※2) 教育費 約1600万円の内訳(幼稚園、小学校は公立、中学校〜大学まで私立)
幼稚園:年間25万1300円×2年=50万2600円
小学校:年間33万4100円×6年=200万4600円
中学校:年間126万9300円×3年=380万7900円
高校:年間104万5200円×3年=313万5600円
大学:年間154万4100円×4年=617万6400円 入学金27万7200円を加算
合計1590万4300円(文部科学省:平成18年度「子どもの学習費調査」をもとに算出)
(※3) 遺族年金 約5000万円の内訳
力君が18歳になるまでは年間149万円×18年=2682万円
その後、優ちゃんの満額年金が支給されるまでの22年間は107万円×22年=2354万円
合計5036万円
やっぱり、僕の年齢で子供がいると死亡保障の額は大きくなるのか。もちろん保険も大事だけれど、愛する家族のためにも、健康管理が肝心だな。
◆お話を伺ったのは…  監物 裕一(けんもつ・ひろかず)さん
堀江重郎(ほりえ・しげお)さん 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 正会員
エフピーウィング株式会社 代表取締役
欧州銀行系生命保険会社などを経て、現職。
保険代理店経営の傍ら、FPセミナー講師やコンサルティングなども行う。
生命保険協会認定FP、証券外務員
ここカラ一家の大黒柱。健さん(50歳)の場合
家族の健康を考えるお母さん。康子さん(48歳)の場合
趣味に仕事にアクティブOL。心ちゃん(25歳)の場合
家族が増えて喜びも責任も倍増! 良さん(28歳)の場合
子育て奮闘中の新米ママさん。優ちゃん(25歳)の場合
 「いくら必要?あなたの保険金」トップへもどる
病院探しのコツ
いくら必要?あなたの保険金

私の場合は何が得? 保険に関するQ&A