ニキビ(尋常性ざ瘡)

step01 受診したい科目から探す
ニキビの始まりは、毛包[もうほう](毛あな)に皮脂や角質が詰まって大きくふくらんでしまうことです(面皰[めんぽう])。これに細菌などがかかわって炎症を起こします。洗顔や入浴が不十分(回数、洗い方、石けんなどが問題)だったり、化粧品やクリーム類をぬっていると皮脂の通り道をふさいでしまいます。そこに、毛包にいつもすんでいる細菌(ざ瘡杆菌[ざそうかんきん])がリパーゼという分解酵素を出して、皮脂に含まれるトリグリセライドを分解して遊離脂肪酸がつくられると、その刺激で毛包は狭くなり、皮脂が詰まって面皰[めんぽう]となります。この段階で、皮脂の通り道を早く開けてやれば、ニキビの跡は残らずに治ります。市販のニキビ治療薬やスキンケアだけでなく、皮膚科に行けばいろいろな治療法を選択することができます。
病気について調べたい方はこちら
病気事典