尖圭コンジローマ

step01 受診したい科目から探す
尖圭コンジローマは、男女ともに発症する可能性のある良性の腫瘍のことをいいます。ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で起こる感染性の病気で、性器や肛門のまわりにイボができるのが特徴です。痛みやかゆみなどの自覚症状がないことが多いのですが、炎症が起きると症状があらわれることがあります。


診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 産婦人科

産婦人科では、女性の尖圭コンジローマを総体的に治療します。検査は主に視診で行います。治療は症状に応じて、薬物療法や外科的手術などを行います。再発時やイボの数が多い場合にはウイルス免疫を高めるぬり薬を使います。イボが消えてもウイルスが残っていると再発することがあり、また、HPVの中には子宮頸がんを引き起こす種類もあるので、定期的な経過観察が必要です。女性の場合、産婦人科、婦人科、皮膚科にかかることが多いようです。

 婦人科

婦人科では、女性の尖圭コンジローマを総体的に治療します。検査は主に視診で行います。治療は症状に応じて、薬物療法や外科的手術などを行います。再発時やイボの数が多い場合にはウイルス免疫を高めるぬり薬を使います。イボが消えてもウイルスが残っていると再発することがあり、また、HPVの中には子宮頸がんを引き起こす種類もあるので、定期的な経過観察が必要です。女性の場合、婦人科、産婦人科、皮膚科にかかることが多いようです。

 泌尿器科

泌尿器科では、尖圭コンジローマを総体的に治療します。検査は主に視診で行います。治療は症状に応じて、薬物療法や手術などを行います。再発時やイボの数が多い場合にはウイルス免疫を高めるぬり薬を使います。イボが消えてもウイルスが残っていると再発することがあるので、定期的な経過観察が必要です。男性の場合、泌尿器科か皮膚科にかかることが多いようです。

 皮膚科

皮膚科では、尖圭コンジローマを総体的に治療します。検査は主に視診で行いますが、皮膚科では細かいイボも見逃さないようダーモスコピー検査も受けられます。治療は症状に応じて、薬物療法や外科的手術などを行います。再発時やイボの数が多い場合にはウイルス免疫を高めるぬり薬を使います。イボが消えてもウイルスが残っていると再発することがあるので、定期的な経過観察が必要です。
監修) 新宿さくらクリニック 澤村 正之 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典

尖圭コンジローマとは、男女ともに発症する可能性のある良性の腫瘍のことをいいます。ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で起こる感染性の病気で、性器や肛門のまわりにイボができるのが特徴です。痛みやかゆみなどの自覚症状がないことが多いのですが、炎症が起きると症状があらわれることがあります。