膠原病

step01 受診したい科目から探す
膠原病とは、細胞同士をつなぐ結合組織に炎症が起こる病気の総称です。発熱、全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛などが慢性的にあらわれます。結合組織は全身に存在し、様々な症状があります。病変が生じた場所によって病名、治療も異なります。原因はまだはっきりしていませんが、自己免疫がかかわっているといわれています。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 内科

内科では、総体的に膠原病の治療を行います。膠原病は全身に及ぶ病気ですので、内科での診断が一般的です。炎症や痛みを抑える内服的な薬物療法が中心となります。リウマチ症状などもあるため、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科と連携して治療にあたります。

 リウマチ科

リウマチ科では、膠原病のひとつである関節リウマチの治療を行います。関節の痛みや倦怠感、発熱などに対応します。薬物療法が中心となりますが症状に応じて、手術なども行います。

 皮膚科

皮膚科では、皮膚にあらわれる膠原病の症状を治療します。薬物療法が中心となりますが、内科、リウマチ科と連携して治療を行うことが多くなります。
監修) 医療法人社団中央みなと会 三井タワークリニック 斎藤 達也 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典

膠原病とは、細胞同士をつなぐ結合組織に炎症が起こる病気の総称です。発熱、全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛などが慢性的にあらわれます。結合組織は全身に存在し、様々な症状があります。