頭痛

step01 受診したい科目から探す
頭痛には、風邪などの原因がハッキリしているもの、早期の治療が必要となる脳腫瘍、くも膜下出血、髄膜炎など、様々なものがあります。激しい痛みや嘔吐がある場合は、注意が必要です。また、慢性頭痛として、脳の血管が拡張することによって起こるといわれている片頭痛、ストレスや筋肉のコリなどで起こるといわれている緊張型頭痛、決まった時間に、片側の目の奥に差し込むような痛みが起こる群発頭痛などがあります。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 脳神経外科

脳神経外科では、頭痛の種類を特定するための検査をし、症状に合わせて、生活指導や薬物療法などを行います。脳腫瘍や脳出血など、重度な疾患と判断される場合は、手術を行うこともあります。

 神経内科

神経内科では、主に慢性頭痛を、総合的に治療します。症状に合わせて生活指導や薬物療法を行い、症状によっては脳神経外科などとも連携して治療にあたります。
監修) 医療法人社団中央みなと会 三井タワークリニック 斎藤 達也 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典

頭痛には、風邪などの原因がハッキリしているもの、早期の治療が必要となる脳腫瘍、くも膜下出血、髄膜炎など、様々なものがあります。