前立腺肥大

step01 受診したい科目から探す
前立腺肥大症とは、男性特有の病気で早い人では40歳代から、60歳代で50%以上、80歳までに80%の人に症状が出るといわれています。夜トイレに何度もおきる、尿の勢いがなくなる、尿意はあっても尿がなかなかでない、尿が少ししかでない。尿をしている時間が長い、などさまざまな症状があります。症状からだけでは、前立腺がんとは区別がつきにくいとされおり、膀胱にまで影響がいくと、血尿が出る場合があります。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 泌尿器科

泌尿器科では、排尿障害などの治療を行います。症状の軽い場合は薬物療法、症状の進行している場合、内視鏡などの手術を行います。
監修) 宇部内科小児科医院 團 茂樹 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典