いぼ

step01 受診したい科目から探す
いぼは、皮膚にできる小さな突起物のことで、疣贅(ゆうぜい)ともいいます。いぼ(疣)の多くはウィルスが関係します。例えば、小児のみずいぼ、若い人の顔や手背にできる扁平疣贅、尋常性疣贅(表面がざらざら角化しており手で押すと痛いことがあります。)などがあります。一般的にいぼというとこの尋常性疣贅のことを言います。足底や手足の末端に出てきます。これらのいぼはウィルスが関与していますので、手で不用意に触ると広がりますので、注意が必要です。尋常性疣贅(いぼ)と時折紛らわしいものにうおのめや、たこがあります。これらは手で触れても広がりません。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 皮膚科

皮膚科では、主にいぼを除去する治療を行います。液体窒素による治療が一般的となっております。かゆみを伴う場合は、精密検査が必要なことがあります。

 美容外科

美容外科では、主にいぼを除去する治療を行います。液体窒素による治療が一般的となっております。一般的に審美的な治療が中心となります。
監修) 宇部内科小児科医院 團 茂樹 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典