めまい

step01 受診したい科目から探す
めまいには、大きく分けて周囲や天井がぐるぐる回る回転性めまいと、雲の上を歩いているような浮動性めまいがあります。回転性めまいは内耳が原因のことが多く(メニエル病もこのひとつ)、一方、浮動性めまいでは高血圧、高脂血症、糖尿病、心疾患など慢性疾患が潜んでいる場合があります。急なめまいは回転性めまいであることが多く、吐き気・嘔吐を伴うことがよくみられます。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では、耳(内耳や前庭神経)からおこるめまい(メニエール病、突発性難聴など)を診療します。難聴、耳鳴りなどの耳症状がある場合は耳鼻咽喉科となります。。

 神経内科

神経内科では、脳障害からおこるめまい(脳梗塞、脳出血、脳腫瘍)などを診療します。めまいの感覚が変化しながら長期にわたって続くようでしたら神経診察を行います。その症状により、CTやMRI検査を行うことがあります。

 脳神経外科

脳神経外科では、難聴や、耳鳴りをを伴わないめまいについて診療します。脳、脊髄といった中枢神経及び末梢神経に関する疾患を治療します。

 婦人科

婦人科では、ホルモンのバランスの乱れによるめまいについて、更年期症状の一つとして診療します。必要に応じてホルモン補充療法などを行う事があります。
監修) 宇部内科小児科医院 團 茂樹 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典