アトピー

step01 受診したい科目から探す
アトピーとは、人間に特有の、遺伝性の過敏症のことを言います。アトピー患者さんの多くはアトピー素因をもつとされています。アトピー性皮膚炎(AD)はかゆみ、皮膚の炎症、肌の乾燥を伴い、湿疹が繰り返し出現します。患者さんの80%は5歳までに症状が現れます。乳幼児では食べ物(卵など)が悪化因子となり、それ以降は主に、ダニ、ハウスダストなどの環境因子が原因とされています。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 皮膚科

皮膚科では、食事療法や運動療法を行います。軟膏などの外用薬を使用し、かゆみがひどい場合には内服治療も行います。日常生活管理、生活習慣の見直しなども指導します。

 小児科

小児科では、食事療法や運動療法を行います。軟膏などの外用薬を使用し、見た目が他の子供と違うなどの心理的ケアも行います。

 アレルギー科

アレルギー科では、喘息、アトピー、花粉症などの治療を行っています。アレルギーによりそれらの症状を併発している場合がトータルに診療が可能です。
監修) 宇部内科小児科医院 團 茂樹 先生
関連コンテンツ
「アレルギー」のことなら  アレルギーのここカラダ
病気事典