腰痛

step01 受診したい科目から探す
腰痛とは、ちょっとした動作や、重い物を持った時に起こる「ぎっくり腰(急性腰痛症)」などのようなものと、痛みはそれ程でもなく、慢性的に腰に違和感をおぼえるようなものがあります。40歳を過ぎますと骨粗鬆症などにも注意が必要です。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 整形外科

整形外科では、坐骨神経痛、腰痛症、椎間板ヘルニア、腰椎分離症・腰椎分離すべり症、変形性脊椎症、脊椎管狭窄症、骨粗鬆症などの骨、筋肉、靭帯などに故障が起こった場合の診療を行います。内服、注射による鎮痛、リハビリなどが中心になります。

 婦人科

婦人科では、子宮筋腫、子宮内膜症に伴う月経過多などの月経異常に伴う腰痛の診療を行います。子宮内膜症によって腰痛や足までしびれるような痛みが起こる事があります。

 泌尿器科

泌尿器科では、腎結石や尿管結石、腎盂腎炎などに伴う腰痛の診療を行います。その大きさなどに応じて治療方針が決定されます。
監修) 宇部内科小児科医院 團 茂樹 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典