不眠症

step01 受診したい科目から探す
不眠症とは、睡眠障害とも言われ、通常時より睡眠時間が短くなり身体に不調などを伴います。また、単に睡眠時間の長さだけでなく、朝目覚めたときの不快感やその日一日の注意力散漫や疲労感がある場合も不眠症の症状となります。入眠障害(寝つきが悪い)、熟眠障害(眠りが浅い)、途中覚醒(夜中に何度も目が覚める)、早朝覚醒(朝早くめざめる)などおおよそ4つの症状にわけられます。日本の不眠の出現率は人口全体の20%程度と言われています。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 精神科

神経症、うつ病、など精神疾患による不眠症は精神科の領域となります。症状に合わせて睡眠薬を使用したりしますが、重度になりますとカウンセリングや精神安定剤を使用する場合もあります。

 心療内科

心療内科では、一般的に不眠による体調不良を伴う場合の診療を行っています。しかしながら、精神科との明確な区別がない場合もあります。
監修) 宇部内科小児科医院 團 茂樹 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典