水ぶくれ(水疱)

水ぶくれ(水疱[すいほう])には、ウイルス感染によるものと、それ以外があります。

ウイルス以外の原因でできる水ぶくれは、日常よく見る虫さされ、火傷(やけど)、靴ずれ、みずむしから、難病に指定されている天疱瘡[てんぽうそう]*まで、多種多様です。一般的にいって、自分で思いあたるような原因もなく水ぶくれができたときは、早めに皮膚科を受診しましょう。

天疱瘡

全身の皮膚に突然大小さまざまの水疱ができる原因不明の病気です。水疱は破れやすく、びらん(ただれ)となります。病気が進むと大事に至ることもあります。治療は、ステロイド内服薬、免疫抑制薬、血漿交換〈けっしょうこうかん〉(透析)など。

ウイルス感染によるもの

ウイルス感染で起こる病気の代表は、水ぼうそうです。

そのほか、単純疱疹[たんじゆんほうしん]、帯状疱疹[たいじようほうしん]をはじめ、特に子どもの場合は、手のひら、足の裏、口の中に水ぶくれをつくる手足口病[てあしくちびよう]があります。