免疫不全症候群

免疫不全によって起こる病的状態が免疫不全症候群です。免疫不全を起こしている原因により、また、免疫系のどの部分に欠損があるかによって分類されます。

先天的に免疫系のいずれかの部分に欠損を認めるのが、原発性[げんぱつせい]あるいは先天性免疫不全症候群です。なんらかの原因で二次的に免疫系が障害されたものを、続発性免疫不全症候群[ぞくはつせいめんえきふぜんしようこうぐん]といい、特にその中でHIVウイルス感染によるものを後天性免疫不全症候群[こうてんせいめんえきふぜんしようこうぐん](エイズ)といっています。