子どものうつ病

うつ病は、ゆううつな気分と自責感を主症状とする精神障害で、精神と身体の活力が全体的に低下している病態です。児童精神科の外来を訪れる子どもたちの13〜25%はうつ状態を示しております。2対1で男の子に多いのですが、思春期以後は性差はありません。口数が多く、活動量が増す躁状態と交互にみられることもあります(躁うつ病、または双極性感情障害[そうきよくせいかんじようしようがい]と呼ばれる状態)。

うつ病の原因はまだ解明されておりません。しかし、子どものうつ状態の75%は、親子関係、学校状況、友人関係などの心理学的な原因によるといわれており、体質または脳の器質的な原因によるものは6〜8%といわれております。

子どものうつ病の症状


表情が乏しく行動量が減少する

子どもがうつ病になると、特に理由がないのに表情が乏しく、行動量と活動性が減少し、好きなテレビも見ず、友達や遊びに関心を示さなくなります。また、食欲がなくなり、体重が減少し、眠りが浅く、いらいらして怒りっぽくなります。一般に、朝方は調子が悪いのですが、夕方になると気分が落ちついて元気が出てきます(日内変動[にちないへんどう])。頭痛、吐き気、腹痛などの身体症状を訴えて学校に行きたがらず、成績が低下してくるようなこともあります。

ゆううつな気分は、健康な子どもにもよくみられることで、それだけですぐに病的なものと断定することはできません。身体的な病気のかかりはじめにみられるけだるさや元気のなさ、さらに軽い意識の障害を、うつ状態と見誤ることもあります。統合失調症でもうつ状態がよくみられますし、近親者の突然の死去、離別などによって、反応性のうつ状態がみられることがあります。いわゆる不登校との区別は、容易にはできません(表19―10)。

年齢によって変わる症状

うつ状態は、年齢によって現れ方が異なります。

学齢前の幼児では遊び方が単調で、創造的でなく、理由もなく泣くことが多く、極端に臆病で、食欲不振や睡眠障害などがみられます。小学生では、かんしゃくを起こしやすく、うれしいという感情の表現が少なく、創造的な遊びができず、友人との触れ合いが少なく、集中力に欠け、勉強が苦手で、夜尿・爪かみ・性器いじりなどの癖がみられます。

中学生では、物事へのこだわりが多くなり、自殺について話すことが多く、友人に対する劣等感があり、気分が変わりやすくなり、頭痛・腹痛などの身体症状をしきりに訴えます。

(山崎晃資)