性器ヘルペス(陰部ヘルペス)

80%は症状が現れない

単純ヘルペスウイルスの感染によって起こる疾患です。このウイルスは、口腔[こうくう]、皮膚、目、脳などいろいろなところに感染して病変を起こします。

I型とII型があり、性器(腟、外陰部)に感染するのはII型が多いといわれていますが、I型も感染します。

性器ヘルペスは性器に感染しているヘルペスウイルスが性交によってうつる性病のひとつです。しかし、このウイルスの感染が起こっても、その80%は症状の現れない不顕性感染[ふけんせいかんせん]です。

再発型と急性型がある

性器ヘルペスには、再発型と急性型の2つのタイプがあります。

再発型は感染したヘルペスウイルスが神経節に潜伏していて、からだの変調時(疲労、月経時、妊娠など)に、活性化して症状を起こしてきます。症状は小さな水疱[すいほう]や潰瘍[かいよう]の形成がおもなものです。

症状がひどいのは急性型の場合です。急性型では、性交などの感染の機会があってから2〜7日して37〜38℃の発熱があり、外陰部に小水疱、浅い潰瘍が出現します。発熱しない場合もあります。強い疼痛[とうつう]を伴い排尿困難や歩行困難を起こすようになります。

症状が進行すると子宮頸部[しきゆうけいぶ]、腟壁、膀胱内[ぼうこうない]にまで広がり、入院が必要となります。

治療は、原因となっているヘルペスウイルスに対しては、アシクロビルという抗ヘルペスウイルス薬の軟膏[なんこう]、内服薬、注射などが症状に応じて使われます。

対症療法としては、局所の疼痛を除くために、キシロカインゼリー局所麻酔薬をぬったり、消炎鎮痛薬の内服などが行われます。

(安村鐵雄)