バルトリン腺炎

腟[ちつ]の入り口側方の大陰唇[だいいんしん]後方にバルトリン腺という分泌液[ぶんぴつえき]を出す腺がありますが、そこに大腸菌、ブドウ球菌、嫌気性菌[けんきせいきん]、淋菌[りんきん]などの菌が感染して炎症を起こしたものをバルトリン腺炎といいます。炎症が起きると腺液の出口がふさがり、腺液がたまることで嚢胞[のうほう](カプセル)ができてしまいます。

症状としては、大陰唇後方に腫れものができ、熱感や痛みを伴います。腫れものが大きくなると歩行や座るのに困難を感じるようになります。多くの場合、腫れものの中に膿[うみ]がたまってきます。診断は婦人科医により容易につきます。

進行すると手術が必要

治療は、早期の軽いうちなら、抗生物質と消炎薬で治りますが、進行してくると切開排膿[せつかいはいのう]あるいは、腫れものを摘出する手術が必要となります。切開をして排膿する処置では、一時的には治りますが、嚢胞[のうほう]が残ったままですので、また膿[うみ]がたまって再発がしばしば起こります。

根治手術としては、バルトリン腺にできた嚢胞全体を取り除く方法がとられます。また、近い状態に保たれるためです。