月経困難症

月経時に起こる月経痛は、月経血を狭い子宮頸管[しきゆうけいかん]を通して押し出すためのけいれん様の子宮収縮、子宮収縮に伴う有痛物質(プロスタグランジン)の増加、さらに子宮周囲骨盤内臓器の充血やうっ血が原因となって起こります。

このほかにも腰痛、頭痛、吐き気、嘔吐、胃痛、乳房痛、便秘、下痢、めまい、精神不穏、食欲減退などがあり、これを月経随伴症状[げつけいずいはんしようじよう]といいます。

月経時に安静・就床を要する人は5%、就労が困難または制限される人は30%といわれ、通常と変わらずに社会生活を営める人は30%にしかすぎません。3分の1の女性は、多少の月経随伴症状を自覚していると思われます。

心理的な要因が強く作用する

子宮や卵巣に病的異常を伴わないものは、機能性月経困難症(原発性月経困難症)といい、中等度の下腹部痛、腰痛のほか、頭痛、吐き気、嘔吐、胃痛、めまいなどの全身症状を示します。

結婚前の若い女性の月経困難症は心理的な要因が強く作用して、多彩な症状を伴いやすくなります。特に母親を通して、月経を汚いもの、煩わしいもの、痛いものというようにマイナスのイメージでとらえるようになると、月経困難症が重症化しやすいといわれています。月経を将来の母性をはぐくむ準備のひとつととらえるようにしたいものです。

器質的原因によるものは症状が激しい

子宮筋腫[しきゆうきんしゆ]や子宮内膜症など、骨盤内の病的状態に伴うものは器質性月経困難症、または続発性月経困難症といいます。

子宮筋腫では、月経血量が増加し、それに伴って血塊[けつかい]の形成などが月経痛を増強し、ひどい月経困難症を誘発します。

子宮内膜症では、子宮内膜と同一の組織が子宮筋層内や子宮と直腸の境界部、卵巣などの閉鎖空間で内出血するため、異常に激しい疼痛[とうつう]が誘発されます。

また、直腸前壁内の出血が下部消化管を刺激して下痢を起こしたり、骨盤内の閉鎖空間での内出血が発熱を誘発して、急性骨盤腹膜炎と類似の症状を起こします。さらに腰痛を伴ったり、月経が近づくとひどい性交痛を起こすことも特徴です。