子宮下垂[しきゆうかすい]、子宮脱[しきゆうだつ]

多産婦、虚弱体質の人に多い

子宮が正常の位置より病的に下降した場合をいい、子宮が下降しているが腟から外に出ていないものを子宮下垂と呼び、子宮の一部または全体が腟外に脱出しているものを子宮脱と呼んでいます。

子宮下垂子宮脱は子宮を保持している組織である骨盤底の諸筋肉群、諸靱帯[じんたい]、筋膜、隔膜などの緊張力がゆるんでしまったり、弱ってしまったときに起こるといわれています。そのため分娩時の損傷を何回かくり返したことのある多産婦、重労働者、虚弱体質の人、高齢者などに多くみられます。

子宮下垂子宮脱では子宮のみが下降してくることは比較的少なく、程度の差はありますが、子宮の周囲の臓器、例えば子宮の前にある膀胱[ぼうこう]や、子宮の後方にある直腸がそれぞれ一緒に下降してくることがよくあります。そのため腟から子宮だけでなく、膀胱、直腸、時には小腸、尿道などが腟外に脱出する場合も多くあります。

また、子宮下垂子宮脱に子宮の頸部[けいぶ]だけが長く伸びてしまう子宮頸部延長症がしばしば伴うことがよく知られています。

症状は下降の程度で異なる

症状は子宮下降の程度や子宮に伴って下降した臓器(膀胱、直腸など)により異なります。軽い子宮下垂[しきゆうかすい]ではほとんど症状がない場合もあります。

一般に、下降の軽度のものでは下腹部や外陰部の不快感、圧迫感、下垂感、腰痛などの症状がみられます。子宮脱の初期では長時間立って仕事をしたり、重い荷物を持ったり、排尿・排便時のみ脱出するのですが、病状が進み、常に子宮が腟外[ちつがい]に脱出している状態になると、脱出している部分の腟壁の粘膜は乾燥、肥厚し、特に子宮腟部では感染により出血が起こりやすくなります。

また、膀胱下垂や膀胱脱を伴うものでは排尿障害がみられるようになり、排尿時に尿が十分出ないで、いつも尿の一部が膀胱内に残り、そこに細菌が感染して膀胱炎を伴います。

(飯塚貞男・正岡直樹)