精巣炎[せいそうえん]、精巣上体炎[せいそうじようたいえん]

ほとんどは、おたふくかぜに伴うもの

精巣炎は精巣に炎症が及んだときに現れてきます。精巣は不思議に細菌には強い抵抗性をもっているために、細菌性の精巣炎*はほとんどありません。

精巣炎のほとんどがおたふくかぜによるもので、おたふくかぜの約20%にみられます。この場合、後遺症として無精子症になり、将来、男性不妊の原因となることがあります。

細菌性の精巣炎

昔は例外的に梅毒による精巣炎(ゴム腫)がありましたが、今ではほとんど見あたりません。そのほか結核性の精巣上体炎が精巣に波及したときも精巣炎を起こしますが、これもほとんどなくなりました。

外傷により精巣炎[せいそうえん]を起こすこともある

また、陰嚢[いんのう]を強く打って精巣を損傷し、外傷性の精巣炎を起こすことがあります。

鈍い痛みとともに陰嚢全体が腫れ、熱感を伴います。触れてみますと精巣がかたく腫れているのに気づきます。全身的にも発熱を伴い、精巣の炎症のために下腹部まで痛くなることもあります。

近接臓器の細菌感染が波及しやすい

精巣上体炎[せいそうじようたいえん]は精巣炎より、はるかに頻度が高く、日常よくみられる病気です。多くの場合、発熱を伴い、陰嚢[いんのう]の発赤[ほつせき]、痛みで現れます。

精巣上体は大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの化膿菌[かのうきん]がよく感染を起こします。からだの離れた部分の感染症から血流にのって病原菌が精巣上体につく場合もありますが、多くの場合は、前立腺[ぜんりつせん]や膀胱[ぼうこう]などの近接臓器に感染があって、細菌が精管を通って精巣上体に付着することが原因で起こります。