腎盂腎炎[じんうじんえん]

細菌が腎盂に入り、そこで繁殖して炎症を起こした状態です。腎盂に炎症が起これば、腎盂と接している尿細管など腎臓内部にも炎症が及びますので、腎盂腎炎というわけです。急性と慢性とがあります。

腎盂腎炎の原因


【急性腎盂腎炎】

細菌感染による「単純性」のものと、尿路に尿の流れを障害する病気をもっているために起こる「複雑性」と呼ばれるものとがあります。

急性腎盂腎炎の大部分は、大腸菌が尿道、膀胱[ぼうこう]、尿管、腎盂とさかのぼって腎臓内に到達する上行性感染[じようこうせいかんせん]です。

【慢性腎盂腎炎】

慢性腎盂腎炎では、腎盂腎炎を起こすような病気や、発症しやすい状況がからだにあることが多いので、その原因を検索することが重要となります。

原因菌は、大腸菌以外にも多くの細菌がわかっています。

腎盂腎炎の症状と診断


発症時の症状が重要なポイント

急性腎盂腎炎、あるいは慢性腎盂腎炎の急性増悪期(急に悪化するとき)では、悪寒・戦慄[せんりつ]を伴う発熱、腰背部の鈍痛(叩打痛[こうだつう])が特徴です。熱は上がり下がりの激しい、弛張熱[しちようねつ]と呼ばれる型をとります。また、膀胱炎[ぼうこうえん]を併発しやすいので、頻尿、排尿時痛などの急性膀胱炎の症状もしばしば示します。

慢性腎盂腎炎の非活動期では、症状は比較的軽いことが多く、全身倦怠感[ぜんしんけんたいかん]、微熱、腎部の軽い鈍痛などがおもなもので、時に貧血や高血圧を合併します。しかし、放置すれば徐々に腎機能は低下していきます。

腎盂腎炎の治療と予防


細菌感染によるものですから、治療の基本はその原因菌に効く抗生物質を投与します。複雑性腎盂腎炎[ふくざつせいじんうじんえん]で、ほかに基礎になった病気があれば、可能な限り、その治療も行います。

慢性腎盂腎炎が長期にわたると、その間に腎障害が進行して、腎不全へと進み、そのための治療も必要となることがあります。

再発させない、悪化させない

急性腎盂腎炎の再発予防や、慢性腎盂腎炎の急性増悪の予防には、尿流を保つために、重篤な腎機能低下のない限り、水分を十分に摂取することです。また、尿意をもよおしたならば、がまんせずに排尿することも重要です。