五十肩

五十肩は、男女とも50歳前後に起こりやすい肩の痛みで、動きも悪くなることが普通です。例えば、シャツを着たり脱いだりする動作がつらくなります。昔からいわれていることですが、頭の後ろで髪を結う動作、腰の後ろで帯を結ぶ動作が難しくなるのが特徴です。

痛みは、肩から腕にかけて感じることが多く、腕を上げようとするときに痛みます。

なお、いわゆる五十肩に肩関節周囲炎という病名が使われることがありますが、これは、五十肩の前段階となる腱や滑液包の炎症、石灰沈着性腱炎(腱にカルシウムが沈着して、急性の激しい痛みを起こす病気)などを含めた、広い範囲の病気をさす病名です。

加齢と使いすぎがきっかけで起こる

五十肩がなぜ起こるのか、その原因はよくわかっていません。しかし、少なくとも加齢に伴って起こる現象であることは確かで、初めの変化は肩の関節をとりまく腱の炎症であろうと考えられています。

50年間も使ってくると、肩の関節をとりまく腱の組織に老化現象が起こってきますし、その表面のなめらかさが失われてきます。ここになんらかのきっかけ(おそらく“使いすぎ”)があると、腱の炎症が起こるものと思われます。

炎症から癒着、そして自然治癒へ

五十肩の起こり始めには、夜、寝返りをうつときにぎくっと痛んで目覚めることもあります。痛みの強いときは、炎症が起きている時期で、その後、炎症が治まるにつれて痛みは軽くなります。

腱とその周囲が炎症のなごりで癒着を起こし、すべりが悪くなるので、関節の動きが悪くなります。徐々に癒着が軽くなって、動きが正常な状態に戻るまでには、半年から1年もの時間がかかるのが普通です。

五十肩のセルフケア


炎症の時期のセルフケア

炎症が起きている急性期には、痛みが強いために、自然となるべく肩を動かさないでいようという傾向がみられます。しかし、動かさないでいれば癒着が起こりますから、これを防ぐため、なるべく早い時期から運動を始める必要があります。

そのために考えられたのが、アイロン体操(図10―12)です。考案した人の名をつけて、コッドマン体操とも呼ばれます。アイロン(または水入りペットボトル)を図のように持ち、時計の振り子のように前後左右に振ることで、肩の運動があまり苦痛なくできます。

炎症で痛みの強いときには、市販の消炎鎮痛薬の入った湿布薬を使うこともよいでしょう。また、アスピリンなどの痛み止めの薬を内服してもよいと思います。

痛みが持続するときは受診する

肩の痛みが起こってから数日たっても、痛みが軽くならないとき、あるいは夜も眠れないほどの強い痛みがあるときは、整形外科医の診断を受けてください。

単なる腱の炎症なのか、特殊なタイプである石灰沈着性腱炎なのか、骨の変形がないか、などを判断してもらいます。それに応じて、局所注射(ヒアルロン酸や副腎皮質ホルモン薬)が行われるか、消炎鎮痛薬の内服薬または坐薬[ざやく]が処方されることになるでしょう。

癒着の時期のセルフケア

癒着を起こし慢性期に入ったら、もっぱら温めて、体操をすることが大切です。

体操には、いろいろなやり方がありますが、その一例を図10―13に紹介しました。

要点は、腕を上げていくこと、外にひねること、内にひねることの3点です。これを根気よく毎日つづけることによって、少しずつ癒着がほぐれ、動きが正常に戻っていくのです。

このような体操は、お風呂でよく温まった後に行うと、もっとも効果的です。