肺がん

肺がんによる死亡は年々増大している

わが国の肺がんの死亡率は増加の一途をたどっていますが、2001年の全がんによる死亡者数は30万人、このうち肺がんで死亡した人は5万5000人で全体に占める割合は18.3%で第1位を占めています。年間肺がんに罹患[りかん]する人は6万2000人でそのうちの5万5000人が亡くなるのですから、肺がんにかかるとほとんどの人が助からないということになります。

肺がんの原因と予防


最大の元凶は、たばこ

肺がんの原因として第1に挙げられるものがたばこです。第2には高齢者の増加、第3にディーゼル車排ガスに代表される大気汚染などです。たばこはからだにいろいろな障害をもたらしますが、特にがんの発生原因になります。筆頭は肺がんですが、喉頭がん、口腔がん、膀胱がん、食道がんなど多くのがんが発生します。

米国での調査結果ですが、喫煙者が肺がんで亡くなる率は非喫煙者に比べ、男性で23.9倍、女性で14倍です。わが国の調査では男性で11.4倍、女性で4.4倍と報告されています。

肺がんは治療の面から非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2つに分けられますが、非小細胞肺がんには扁平上皮がん[へんぺいじようひがん]、腺がん[せんがん]、大細胞肺がん、そのほかの肺がんが含まれます。これらの中で喫煙と密接に関係するものは扁平上皮がん、小細胞肺がんですが、最近の報告では腺がんや全ての肺がんにも関係することがわかってきました。

肺がんの発生は喫煙本数、喫煙年数に比例します。年間60箱以上(1日3本以上)吸う人では肺がんになる危険性が、吸わない人に比べ10倍以上になります。また受動喫煙といって周りの人の吸うたばこの影響を受けて吸わない人が肺がんになる率も1.5倍増えます。

わが国のたばこの喫煙率は、最近の調査で30.3%(男性:48.3%、女性:13.6%)と報告されましたが、この喫煙率は世界でもトップクラスでたいへん不名誉なことです。多くの先進国では禁煙政策が進み、もはや死亡率は減少しつつあります。喫煙者が禁煙することにより約12〜13年かかりますが、非喫煙者と同程度の肺に復帰するといわれています。

肺がんのハイリスクグループ

ほかにも数多くの発がん物質があります。アスベスト(石綿)は、自動車のブレーキ、断熱材、塗料などに使用されていますし、自動車の排気ガス(特にディーゼル車のNOx)なども大きな要因と考えられます。

肺がんにかかりやすい人たちをハイリスクグループ(高危険群)といいます。

(1)40歳以上の男性

(2)有害業務に携わる人(電離放射線、ニッケル、カルボニル、三酸化ヒ素、重クロム酸、アスベスト、コールタール、ピッチなど)

(3)3親等以内(親、きょうだい、おじ・おば、祖父母)にがんの患者のいる人

(4)喫煙者

などがこのグループに入ります。また夜間業務従事者や、ストレスなども関係します。

肺がんの種類とその症状


肺がんにもいろいろな種類があり、発生する場所、悪性度、発見方法なども異なります。悪性度別には大きく2つに分けられます。非小細胞肺がんと小細胞肺がんです。小細胞がん*は悪性度が非常に高く、非小細胞がんと別に扱っています。非小細胞がんには、扁平上皮がん*、腺がん*、大細胞がんなどが含まれます。扁平上皮がん、小細胞がんは、気管支の中心部(中心型肺がん、肺の入り口の太い気管支)に発生しやすく、腺がんの多くは、肺の奥のほうに発生します。扁平上皮がんは、喫煙と関係が深く、腺がんは女性に発生しやすく、小細胞がんは治りにくいのが特徴です。

小細胞がん・大細胞がん

がん細胞の分化度の低いがんです。小細胞がんは一般的には細胞が小さく、大細胞がんは大きいです。予後はよくありません。

扁平上皮がん

扁平上皮がんは、体表や臓器表面をおおう皮膚の組織である扁平上皮細胞に類似した組織からできているがんのことで、肺のほか、皮膚、口腔〈こうくう〉、食道、子宮頸部〈しきゅうけいぶ〉などのがんにみられます。肺がん全体の中で約30%を占めます。

腺がん

腺がんは、粘液やホルモンなどを分泌する組織や管をつくる組織にできるがんで、肺のほかには、胃、腸、乳腺〈にゅうせん〉、子宮体部、甲状腺〈こうじょうせん〉などにできます。肺がんの中でもっとも多いがんで約50%を占めます。

肺がんのほとんどは扁平上皮がんと腺がんで占められます(80%)。

自覚症状のあるがん、ないがん

発生部位によって、またがんがどの範囲まで浸潤(広がり)しているかによって、出てくる症状は異なります(図8―7)。

肺の入り口の太い気管支にできるがんは中心型肺がんと呼ばれ、早い時期から、せき、喀痰[かくたん]、血痰[けつたん]などの症状が出現します。がんの進行とともに呼吸困難、発熱、嗄声[させい](しゃがれ声)、胸の痛み、背部痛などの症状がみられます。呼吸困難はがんの増大により、気管支が詰まることによって発生します。発熱は、がんによって気管支が詰まったり、たんがたまって肺炎が生じるために起きます。

嗄声はがんが声帯にかかわる反回神経に浸潤することによって発生します。また肺の上方にがんが発生し、交感神経や上腕神経に浸潤するとまぶたが下がったり、瞳が縮小したり、同側の顔面の発汗異常を生じたり、手がしびれたり、痛んだりします。

肺の奥に発生するがんは、末梢型肺がんと呼ばれます。早期の末梢型肺がんでは、自覚症状がないことが多いのです。進行してくると、中心型の症状のほかに胸痛、背部痛などが出てきますが、これは、がんの胸壁浸潤によるものです(図8―7)。

肺がんのさまざまな治療法


発見が早ければ、手術で切除

肺がん治療での第一選択は今でも外科的療法です。がんの大きさ、リンパ節への転移のあるなし、隣接する臓器への浸潤の程度、その人の肺機能の程度によって手術法が異なります。

もっとも一般的に行われるのは、肺葉切除です。右肺には3葉(上葉、中葉、下葉)、左肺には2葉(上葉、下葉)ありますが、そのうちの病巣のある肺葉を1葉あるいは2葉を切除します。がんが広範囲にわたっている場合とか、太い血管に浸潤がみられるようなときには、片側の肺葉を全部摘出する肺全摘出術が行われます。肺全摘出術は肺機能が良好でないとできません。

特殊な手術法として、がんの存在する気管支の一部を切除する方法(気管支の形成術)もあり、これは患者さんの肺機能が落ちている場合に行われます。最近胸腔鏡[きようくうきよう]が開発され、患者さんのQOL(生活の質)を落とさないで縮小手術を行う方向に進んでいます。従来のように大きく胸を切り開くのではなく、1cmくらいの穴を3〜4カ所開けて、そこから器具を挿入して行う手術法です。

いくつかの治療法を組み合わせる

がんの浸潤が広範囲にわたっている場合や、ほかの臓器に転移している場合には、局所的には放射線療法、全身的には抗がん薬による化学療法、免疫療法が行われます。最近新しい抗がん薬が開発され、さらに副作用を軽減させる薬も開発され、抗がん薬による治療効果が向上してきました。また分子標的治療薬が開発され、従来の化学療法では効果がなかった患者さんにも大きな福音となりつつあります。その代表的なものがイレッサで、適応を慎重に選べばすばらしい効果が期待されます。

またほかの治療法として、レーザー療法があります。肺がんに対するレーザー療法には2つのタイプの方法があります。ひとつには、太い気管支に発生したがんで気管支が詰まっているような場合にレーザー照射で焼く方法、もうひとつは、レーザー照射による光化学反応によって、がん細胞を破壊する方法です。早期のがんでは、レーザーによる治療のみで完治できることもあります。

進行期がんでは、温熱療法も試みられます。また最近、遺伝子治療も行われるようになりました。まだ進行したがんの治療としての試験段階ですが、ほかの治療法との組み合わせで将来有望な治療法です。最近肺がん切除後の化学療法が効果のあることが証明されました。

早期がんは90%治る

肺がんの治る率は、全体的にみるとほぼ15%(東京医大では28%)くらいです。進行度によって異なりますが、手術ができる場合では、早期がんでは90%治ります。中心型早期肺がんではレーザーにより94%治ります。しかしこれも進行してリンパ節への転移がみられるようになると、治る率は下がってきます。

手術のできない場合は治る率はぐんと低くなります(図8―9)。