あなたの質問に答えます 医療・健康なんでもQ&A

半年前から心臓と周辺の肋骨がチクチク痛むのですが?

心臓がチクチク痛むイメージ 29歳・男性です。半年前から心臓がチクチク痛みます。心臓周辺の肋骨などにも痛みがあります。まだ検査を受けていないのですが、どんな病気が考えられますか。動悸や息切れなどの症状はありません。

胸郭の筋肉や神経からくる胸壁痛と考えられます

心疾患にともなう胸痛の場合は、狭心症による痛みを考えますが、その症状は通常「押しつけられる」「締めつけられる」あるいは「重たい」など胸の不快感として表現されます。「心臓がチクチク痛む」という場合は、狭心症ではないと考えます。医学的には心臓が痛むということはありません。心臓周辺の肋骨などにも痛みがあるということですので、まず胸壁痛を考えます。つまり、胸壁の筋肉や肋間神経関係から生じる痛みだと思います。胸痛は大きく胸壁由来の体性痛と深部臓器由来の内臓痛に分けられますが、後者の場合は圧迫感や不快感として感じられることが多く、「チクチク痛む」と表現された場合、内臓痛(たとえば心臓に起因する痛み)ではないと考えます。
狭心症や心筋梗塞などの病気とは考えにくい
また、29歳という年齢ですので、いわゆる狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患といわれる動脈硬化性の病気の可能性は考えにくいです。ちなみに昨今、これらは冠動脈(心臓自身を養う動脈のこと)の動脈硬化性プラークの破綻、それに続く血小板血栓によって生じることから急性冠症候群と呼ばれています。もし、職場の検診などでこれまで異常を指摘されておらず、川崎病(冠動脈瘤を生じることがあります)などの既往や家族性高脂血症(遺伝的にコレステロールが非常に高値を示す状態)などがなければ問題はないでしょう。 動脈硬化性の冠動脈疾患がなくても冠動脈攣縮性狭心症といって冠動脈が痙攣を生じて狭心痛が生じることもありますが、これも心配の症状とは異なります。狭心痛は通常数分間生じ、15分以上持続することはまれです。30分以上続くようであれば心筋梗塞を考えます。 また、冷や汗や吐きけなどの自律神経症状をともなう場合もあります。「半年前からときどき」ということですが、通常、労作性狭心症は、たとえば階段を3階まで上がると必ず胸が締めつけられるなど労作(運動)にともなって生じます。もちろん、その生じ方が必ずしも一定でない場合もあります。冠動脈攣縮性狭心症の場合は安静時、とくに夜間や朝方に生じるのが特徴です。しかし、「チクチク」という表現の症状はありません。 通常、専門医が念頭におく緊急性を要する胸痛の場合は、不安定狭心症、急性心筋梗塞、大動脈解離、肺塞栓症です。これらの疾患による痛みは持続し、半年間も平気でいられることは通常ありません。動悸や息切れなどの症状がないことも、不整脈や心不全など心臓に起因する疾患は考えにくいと判断の材料になります。
胸部エックス線写真と心電図を撮ってみては
心臓が原因でなくてもさまざまな疾患で胸痛は生じます。 たとえば、胃食道逆流症、食道痙攣、胆道系の痛み、自然気胸、心膜炎などです。気胸は若年でも生じますが、症状が持続し呼吸困難をともないます。また、心膜炎や肺炎は発熱などの症状がでます。これらの病気もご質問にある症状からみて、ないと考えます。 胸壁痛は、胸郭の筋肉や神経による痛みと考えられます。持続しないことから、良性と思われますので、あまり気にすることはないと思いますが、心配でしたら一度かかりつけ医に相談し、胸部エックス線写真や心電図を撮っていただくことをすすめます。
九州大学病院循環器内科・冠動脈疾患治療部講師 廣岡良隆(ひろおか・よしたか)
(出典 : 保健同人社 「暮しと健康 2006年8月号」)
診察に適した診療科目は以下の通りです。
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
循環器科
「医療・健康なんでもQ&A」トップへもどる
 
29歳・男性です。半年前から心臓がチクチク痛みます。心臓周辺の肋骨などにも痛みがあります。まだ検査を受けていないのですが、どんな病気が考えられますか。