あなたの質問に答えます 医療・健康なんでもQ&A

最近、“天然ソリコミ”がキツくなってきているような…(悩)

天然ソリコミイメージ 29歳、男性です。自分の“天然ソリコミ”が気になってしかたありません。街中でも向こうから女子がくるとヒタイを見られているようで視線をはずしてしまいます。最近とくに生えぎわが後退してきた感じが…。なんとかくいとめる方法はないでしょうか。

成人男性のそりこみ≠ノは男性ホルモンが関係しています

男性型脱毛症のおもな原因は「男性ホルモン」と「年齢」と「遺伝」です。思春期をすぎて男性ホルモンの分泌が盛んになると、筋肉質になる、体毛が濃くなるなど「男らしい」特徴が表れるようになりますね。ひたいや生えぎわがきわ立ってくるのもその一つ。つまり、ごく自然なことなのです。
髪は「成長期(3〜6年)」、「退行期(2〜3週間)」、「休止期(3〜4ヶ月)」のサイクルを繰り返して生えかわりますが、男性ホルモンはこのサイクルを早め休止期を長引かせてしまいます。成長期が短縮されて「促成栽培」されたヒョロヒョロの毛が生えてくるのが「うす毛」。男性型脱毛症はうす毛が進んで髪が目にみえないほど細い「うぶ毛」になった状態です。
ところで男性のひたいから頭のてっぺんにかけて生える髪はうすくなりやすいのに、耳のはえぎわ〜後頭部の髪はフサフサのまま、というケースが多いですね。なぜこんな現象がおこるのでしょうか。 。
ひたい〜てっぺんの髪と後頭部の髪はちがう性質を持っている
実は、男性のひたい〜てっぺんにかけて生えている髪と、耳のはえぎわ〜後頭部の髪はちがう性質を持っています。ポイントは毛根組織にある特別な酵素「5-アルファリダクターゼ」が反応する力の強さ。
血液中を毛根組織でまで運ばれてきた男性ホルモンは、5-アルファリダクターゼによってさらに強力な「ジヒドロテストテロン(DHT)」と呼ばれる物質にかわります。これが髪の成長をおさえる最大の「悪玉ホルモン」です。DHTが髪の成長を止めろ、というシグナルをだすことで髪の成長サイクルが乱れるといわれています。
男性の耳のはえぎわ〜後頭部の髪には男性ホルモンの受け皿(受容体)が少なく酵素パワーが低いのに対して、ひたい〜てっぺんの髪の毛は男性ホルモンの受容体が多く、さらに酵素パワーも強いために髪がうすくなりやすいのです。また、一連の反応には個人差があり体質が親から子へ遺伝していくこともあります。
間違ったヘアケアより専門医に相談を
間違ったヘアケアもぬけ毛のもと。あなたは皮脂を目の敵にしていませんか?汚れで毛穴が詰まる→脱毛、など誤解されやすい皮脂ですが、本来は髪と頭皮を守るために分泌される天然クリーム≠ネのです。取りのぞき過ぎるとかえって頭皮をいためることにもなりかねません。毎日髪を洗う場合はシャンプーを少量ずつ手のひらにとって十分に泡立ててから髪につける、2度洗いは週に2〜3回まで、と心がけてください。
それでもぬけ毛が気になってしかたがない時は専門医に相談してみましょう。医療的な方法には1.養毛・育毛剤をつかう薬物治療、2.自毛植毛などの外科的治療があります。薬は酵素の働きをおさえるものと頭皮の血流を良くするものがあり、飲む育毛剤は医師の処方せんが必要です。自毛植毛は男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の自分の髪を気になる部分に移植する方法で、もとの性質を失わずに生涯にわたって生えつづけるのが特徴です。
NHT毛髪研究所 所長/紀尾井町クリニック 院長 柳生邦良
診察に適した診療科目は以下の通りです。
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
形成外科皮膚科
「医療・健康なんでもQ&A」トップへもどる
 
29歳、男性です。自分の“天然ソリコミ”が気になってしかたありません。街中でも向こうから女子がくるとヒタイを見られているようで視線をはずしてしまいます。