真矢みき 女優 今の私に必要なものを見つめる時間が私の健康の鍵

宝塚歌劇団入団後、95年に花組トップスターに。宝塚初の篠山紀信氏による男役の写真集や武道館コンサートを成功させ、98年に退団。現在は女優として活躍中。舞台「キャバレー」、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE2」、ドラマ「バツ彼」などに出演。CD「赤と黒のキャバレー」も発売。

緑黄野菜が足りない…肌でわかります

私、疲れが肌に出やすいタイプなんです。最近のハイビジョンテレビは肌のキメまでわかるので、日ごろの食生活が顔に…。緑黄色野菜を摂ったときと足りないときの肌は、全然違います。だから、肌の疲れが気になってきたら自炊。とりあえず、ほうれん草をゆでて食べないと!という感じです。最近のお気に入りは、豆苗(とうみょう)という中国野菜。炒めてもおいしいし、オイスター風味も合うんですよ。おひたしにしてポン酢でいただくのでも十分。それに、野菜を食べていると、栄養を取っている自分に嬉しくなるんです。実は私、健康オタクです(笑)。食生活だけでは取りにくいビタミンは、サプリメントで補っています。血液検査で今の自分に足りないものを知り、それをサプリメントでフォロー。今まで検査結果を「どこが悪い?」という視点で見ていましたが、最近では「今、何が必要か」ということを気にするようになりました。

待ち時間に腹筋に力入れたり足を上げたり

今、大阪で1週間のうち5日間はNHK朝の連続ドラマ「風のハルカ」の撮影をしています。だから運動する時間をなかなか取れないのが悩み。体を動かさないと気分が悪くなる気がする…そんなときがあります。私にとっては「体を動かす=ダンス」。家の冷蔵庫にもプログラム表を張っていて、レッスンに行くチャンスを狙っているのですが、「ハルカ」撮影中はなかなか難しそう。なので、撮影の待ち時間に、腹筋に力を入れてみたり、足を上げたりしているんです。エコノミー症候群は飛行機の中だけでなく、車でもどこでもなってしまうと聞いて、できるだけ足をじっとしないで動かすようになりました。最近考えているのは、2時間半をいかに有効に使うか。この2時間半って、新幹線「のぞみ」に乗っている時間です。台本を覚えるのにも有効に使っているのですが。車内に有料でもいいから、リフレクソロジーとかあればいいのに…ねぇ?

花粉症デビューかも?とにかく洗浄!

広島で生まれて福岡などを転々としていました。山も田んぼもある田舎に住んでいたので、昆虫を獲ったり木に登ったりという遊びは当たり前。杉の木にも登っていたから、花粉のシャワーもきっと浴びていたのでしょうね。昨年までは花粉症の症状なんて全くなかったのに、今年1月2月、目が無性にカユくて。いよいよデビューしてしまったみたい。花粉症に効くというお茶も飲みましたが、うがいをしたり目を洗ったりと、とにかく洗浄・洗浄・洗浄の日々でしたね。「補充の前には洗浄」と普段から考えています。ホットヨガや岩盤石をやってみたいと思っているのも、そんな意識があってのことなのかもしれません。冷え性だというのもあるんですが、体を動かして汗流して体が温まる、ホットヨガなんてもう最高ですね! 時間が取れたら、NYに行きたいです。ブロードウエイまで競歩で行って、舞台を見て、帰りにダンススタジオのレッスンを受けて…。せっかくだから一石"三鳥"を狙わないと!

精神的なケアを忘れないように。心との対話する時間を大切にしています。それから、精神的に参っているとき、体を動かすと結構ラクになるもの。ぜひお試しくださいね。
インタビュー・文:小林美樹、撮影:小山昭人
 「健康の鍵」トップにもどる
真矢みき 女優 ”今の私に必要なもの”を見つめる時間が私の健康の鍵