前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

ホスミシン

  抗生物質で、細菌による感染症の治療薬

主成分名:

ホスホマイシン

製薬会社:

MeijiSeika

薬価:

62.90円 (500mg1錠)

 

 主な作用

緑膿菌、サルモネラ菌、赤痢菌などグラム陰性菌のほか、多剤耐性のブドウ球菌に殺菌的に働くので、それらの菌による感染症に広く用いられます。

 副作用

重大なものはショックですが、注射に比べれば少ないです。しかし、過敏症には注意が大切です。内服はときに、吐き気、腹痛、下痢などもあります。長期連用する薬ではありません。ひどい過敏症や、重い大腸炎を起こすおそれがあるからです。

 服用上の注意

内服は錠剤、カプセルで1日量を3〜4回に分服します。小児にはドライシロップを用います。耳鼻科用には溶液があり、1日2回ほど点耳します。点耳は使用するときに液の温度が低いと、めまいを起こすことがありますので、手で握るなどして、軽くあたためてから使用してください。
MeijiSeika ホスミシン 本体写真
ホスミシン 本体写真
MeijiSeika ホスミシン 包装写真
ホスミシン 包装写真