前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

プリンペラン

  消化管のはたらきをよくする薬

主成分名:

メトクロプラミド

製薬会社:

アステラス

薬価:

6.40円 (5mg1錠)

 

 主な作用

弱っている消化管(胃・腸・胆のう)の運動を調節する作用があり、また吐き気を抑える作用もあります。胃・十二指腸潰瘍、胆のう・胆道疾患、薬剤服用などによる、消化器症状(吐き気、腹部膨満、食欲不振など)を改善します。

 副作用

倦怠感、腹痛、下痢などが起こることがあります。まれに重いアレルギー症状を起こすことがあり、とくに脱水症、栄養障害状態の人に起こりやすいです。また、乳汁分泌亢進、乳房の腫れ、無月経、手のふるえ、筋肉のこわばり、まれに筋のけいれんなどの症状が現れることがありますが、その場合は医師に相談してください。

 服用上の注意

1日量を2〜3回食前に分服します。眠くなったり、めまいがしたりすることがあるので、服薬中は危険な作業や車の運転には注意しましょう。次の併用薬によって内分泌調節障害、錐体外路系の症状を来しやすいので注意を要します。フェノチアジン系(クロルプロマジンなど)、ブチロフェノン系(ハロペリドールなど)、ラウオルフィア・アルカロイド(レセルピンなど)、スルピリド、チアプリドなどの薬を飲んでいるときは、医師に知らせてください。
アステラス プリンペラン 本体写真
プリンペラン 本体写真
アステラス プリンペラン 包装写真
プリンペラン 包装写真