前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

タンナルビン

  止瀉薬(下痢止め)

主成分名:

タンニン酸アルブミン

製薬会社:

小堺

薬価:

7.20円 (1g)

 

 主な作用

胃では分解されずに、腸に入ってから徐々に分解されて、タンニン酸が遊離し、腸粘膜に付着して、その炎症面を防御します。タンニン酸は腸管タンパクや粘液などと結合して、炎症を起こした粘膜面をおおったり、分泌液を吸着(これを収れん作用といいます)することによって、粘膜を外からの刺激から保護したり、粘膜からの分泌を減らすことによって下痢が止まります。

 副作用

便秘や食欲不振、ときにアレルギーがあります。長期間大量に連用すると肝臓を障害することがあります。出血性大腸炎、細菌性下痢の場合には使いません。ときに激しいアレルギー症状を起こすことが報告されています。

 服用上の注意

1日量を3〜4回に分服します。鉄剤と一緒に服用すると、それらとくっついて吸収の邪魔をすることがありますので、一緒に飲まないようにしてください。また、牛乳アレルギーの人には用いません。
小堺 タンナルビン 本体写真
タンナルビン 本体写真
タンナルビン 包装写真