前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

ベネトリン

  β2刺激性の気管支喘息治療薬

主成分名:

サルブタモール硫酸塩

製薬会社:

GSK

薬価:

24.90円 (0.5%1mL)

 

 主な作用

交感神経を刺激して、気管支のβ2受容体を刺激することによって気管支を拡張させる作用があります。気管支喘息では、気管支筋がけいれん性に収縮し、粘膜が腫れるなどして、気道が狭くなっていますので、それを拡げて、喘息発作の症状を軽くする作用があります。また、慢性気管支炎、肺気腫などでも、気管支を拡張して気道を拡げるので、息苦しい症状をやわらげることができます。

 副作用

心臓への影響は少ないのですが、動悸が起こることがあります。また顔のほてり、発汗、不眠、発疹などの過敏症状、吐き気などが起こることがあります。そのほか、内服では食欲不振や下痢、吸入薬とスプレーでは口の中やのどに刺激を感じる場合があります。

 服用上の注意

内服は1日量を3回に分服します。症状と副作用をみながら治療をすすめますので、医師とよく相談しながら服用しましょう。吸入液を用いる場合、臭化イプラトロピウム(アトロベント)と混合した液が、あやまって眼に入り急性緑内障を起こしたという報告がありますので、注意しましょう。この薬は、気管支喘息の発作のときに限ります。喘息の症状を抑えるため、どうしても使いすぎる傾向があります。とくにスプレーは気管支喘息の発作のときに限って使うべきですが、過量になり重篤な不整脈、心停止を来しかねませんので、周りの人がよく注意していることが大切です。
GSK ベネトリン 本体写真
ベネトリン 本体写真
GSK ベネトリン 包装写真
ベネトリン 包装写真