前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

コニール

  持続性Ca拮抗剤系の高血圧症、狭心症の治療薬

主成分名:

ベニジピン塩酸塩

製薬会社:

協和発酵キリン

薬価:

29.40円 (2mg1錠)

 

 主な作用

心臓の筋肉の収縮を抑え、冠血管を拡張し、心臓の負担を軽くし、心筋への血流をよくする作用により、狭心症など冠不全の症状を改善します。また、末梢血管を拡張する作用があるので、血圧を下げます。とくに血圧を下げる作用は長く続きますので、高血圧症の基本的な治療に適しており、今日では高血圧症に最も広く用いられているものの一つです。

 副作用

末梢血管の拡張作用によるのぼせ、肩こり、耳鳴り、咳、むくみ、顔のほてり、頭痛、頭重感、頻脈、不整脈、ふらつきなどが起こることがあります。またときに歯肉の腫れ、血液障害、肝機能検査の異常をみることがあります。

 服用上の注意

効果が持続性なので、高血圧症では通常1日量を1回に服用します。ほかの降圧剤と併用されることが多いので、血圧が下がりすぎることにより、めまいなどが起こることがあるので、危険な作業や車の運転には注意しましょう。
協和発酵キリン コニール 本体写真
コニール 本体写真
協和発酵キリン コニール 包装写真
コニール 包装写真