前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

ブロプレス

  アンジオテンシン2受容体拮抗性の降圧薬

主成分名:

カンデサルタンシレキセチル

製薬会社:

武田

薬価:

72.30円 (4mg1錠)

 

 主な作用

アンジオテンシン2は、強い血圧上昇因子で、動脈の平滑筋にあるアンジオテンシン2の特異的結合作用部位であるアンジオテンシン2受容体(AT1)に働いて、血圧上昇、また副腎皮質からのアルドステロン分泌を刺激します。アンジオテンシン2受容体には、AT1タイプとAT2タイプがありますが、この薬はAT1にとくに強い親和性をもって結合するために、アンジオテンシン2の作用がこの部位でブロックされ、血圧が下がります。アンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害してアンジオテンシンの産生を抑える従来の抗ACE系の薬よりも、アンジオテンシンに直接働いて、その受容体そのものを抑えますから、より直接的な降圧効果が得られます。

 副作用

唇や舌、のどの腫れ、発疹、かゆみなどの過敏症、めまい、ふらつき、動悸、ほてり、頭痛、不眠、ねむ気、むかつき、食欲不振、そのほか肝機能障害、血液検査の異常、低血糖症、間質性肺炎などが指摘されていますので、症状の異常を感じたら、医師に知らせてください。妊娠・授乳中の婦人、小児には用いません。ときに高カリウム血症があり、とくに腎不全の人では起こりやすいので注意してください。

 服用上の注意

1日1回内服します。用量と飲み方については、症状により変えられます。ほかの降圧薬と併用されることが多いので、医師の指示に従ってください。
武田 ブロプレス 本体写真
ブロプレス 本体写真
武田 ブロプレス 包装写真
ブロプレス 包装写真