前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

チモプトール

  緑内障、高眼圧症の治療薬

主成分名:

チモロールマレイン酸塩

製薬会社:

MSD

薬価:

352.10円 (0.5%1mL)

 

 主な作用

主に目の房水の産生を抑制することにより眼圧を低下させるので、緑内障や高眼圧症の治療薬として用いられます。

 副作用

心臓の働きを抑制するように作用するので、心不全を悪化させることがあります。また、気管支の筋肉を収縮させるので、気管支喘息の人では、発作を誘発しやすくします。痛み、灼熱感、かゆみ、刺激感などが起こることがあります。

 服用上の注意

製剤によって点眼回数が1日1回のものと1日2回のものがありますので、点眼の仕方は医師などの指導を守りましょう。
チモプトール 本体写真
MSD チモプトール 包装写真
チモプトール 包装写真